2018年12月23日日曜日

リクドウ 第221話 『上の空』

@終わりの始まり
 
 松原先生のツイッターによると

 この回からリクドウは『最終章』に突入

 リクの物語が終わる。

 俺の生きがいが終わる・・・


@そっちかよ!!

 懐かしの水P、そんで徳さん(皆様のおもちゃ)

 水Pは予想出来だけど、徳さんは予想外だった

 
@リク、賢者タイム

 なんか出し切っちゃったリク

 何をしても上の空

 水Pの再戦煽りも上の空

 ちょっと水Pかわいそう

 満足した男はそれでも戦えるのか、という

 およそ少年漫画らしくないテーマに挑む松原先生はクリエイターの鑑


@地味に朗報

 三原さんは復帰するみたいです

 こういうのが”終わり”への兆候で、辛いんだよ!!!!!


@復活のナズユキ

 ここに来てナズナ☓ユキ

 後ろめたさの有るレズと流されノンケ受けという王道を征くボクシング漫画

 この二人の関係もどういう形になるのか楽しみだったなー

 こっから怒涛のレズ展開からのナズナ、苗代誘拐逃避行とか

 絶対無い、とは言い切れないのがリクドウ


@恋敵の発見そして

 『結局 私はコイツ(所沢)と違ってリクに何もしてあげられない』

 そんなことねえよ!!苗代!!苗代のリクの愛は本物だよ!!!

 ヒロインがオッサンに嫉妬する激熱展開

 苗代もボクシング始めれば良いと思うよ(名推理)


@もうひとつの恋

 最後にリク☓楓のねっとり絡みが読みたい

 読みたい


@他の漫画 感想

 童子軍鑑 『ここで馬揃えをするんだ』とかやりだしたら一生ついてく

 隣の悪女  やっと面白くなってきたのに

 バス江   「現行法は既に能力者に対応している・・・?」

2018年12月17日月曜日

西郷どん 最終回 感想

@様式美やぞ

 なんで西郷に切腹をさせなかったのか

 切腹なしにして盛り上がるならまだしも

 盛り下げアレンジとかやめてくれよ・・・


@遅咲きの狂い咲き

 西南戦争を青春っぽく描くのはいいけど

 それに西郷がノリノリで加担はおかしいやろ

 吹っ切れたとか?本当は嫌だけど仕方なくとか??

 どっちにせよ今までの『西郷どん』の西郷隆盛のキャラじゃなくねえ?



@なぜこうなった

 西郷を白く描く。

 青年期の西郷ならそれは可能だった

 青臭い理想主義を語る青年として無理なく描けた

 ただ西郷が権力を握ってからは無理が生じた

 無理に西郷を白く描こうとして、周りの人物が馬鹿になってしまった


@役者は良かった

 ほんとよかったのにね

 薩摩から出て最終回でも良かった

 鳥羽・伏見の戦い辺りからおかしくなった気がする


@総評

 新しいことをやろうとした気概はあったと思うが

 安易な家族愛としょうもない島恋愛に逃げた結果

 その「新しいこと」がぼやけた

 避けるべきでない王道を避けまくって

 やるべきでない邪道をやりまくった

 面白い部分も有ったけど

 最後まで部分止まりだった

 残念
 

2018年12月13日木曜日

リクドウ 第220話 『判定』 感想

@ええええええええええええええええええ

 椿さん負ける・・・

 うひー

 しかも燃え尽きちゃってるし

 引退かな

 うォおん

 せっかくロギア化したのに!!

 最近のリクドウは引退するやつ大杉
 
 でも今は「おつかれっス椿さん!」です。

 
@三原は?三原はどうなるの?

 リクのセコンドに成るのかなー

 現役復帰だけは絶対に無さそう


@やべえんじゃねえの兵藤ジム

 楓は移籍するし

 椿は燃え尽きるし

 兵藤ジムはもうボロボロ


@他の漫画 感想

 童子軍艦   信長「まーた俺かよ」

 ひっこみゅーず その笑顔が、この場所を君が見つけた意味。

 バス江    攻めすぎ

2018年12月9日日曜日

西郷どん 第46回 感想

@ともだち

 大山と大久保の牢屋の場面は良かった

 大久保が征討を決意したのは、西郷の意図を誤解したからではないという補足場面

 だったのかな?

 うーん


@西南戦争
 
 覚悟はしてたけどすげえあっさり

 いつもイキってた私学校党のみんなも特に見せ場無し


@糸

 来るなよ(真顔)

 白けるわー

 なにが武士の妻だよw

 いいからこういうの・・・

 もういっそアイカナも来れば良かったのに


@なぜか盛り上がらない

 次回で最終回ですけど

 なんか盛り上がらないです

 役者はみんな良かったのに

 脚本が悪い

 

2018年12月8日土曜日

風が強く吹いている 第9話 「ふぞろいの選手たち」 感想

@みんなで走るということ。

 アニメ版はハイジさんと走よりも

 アオタケのみんなに照準をあわせてる感じがします
 
 よりチーム感を出してると言うか

 アニメだから画面のそこかしかに誰かしら居るので

 余計にそう思うのかも


@中年感

 キングとニコチャンの中年感すこ

 中間管理職のおっさんトーク感ある

 
@事案発生

 このアニメで、いちばん爽やかな場面が

 『男がお弁当を持った男に追いかけられる場面』なのはいかがなものか

 でもすげえ爽やかだったなー

 ハイジさんは走る女子力ですね


@ここでか

 ついに、ハイジさん倒れる

 走と喧嘩→倒れる のほうが絶対に良かった!!

 ここだけは不満です


風が強く吹いている 第8話 『危険人物』 感想

@竹青荘の闇は深い

 走☓ニコチャン←ユキの絶望の三角形へ・・・

 ニコチャン先輩好きすぎるユキしんどい

 世話焼き系攻めとしてユキとハイジさんは通ずる所ありそ


@王子のヲタ設定について

 イキり方がニワカヲタっぽいというか・・・

 マウント取る系のヲタ描写がちょっと古臭くて嫌やわー


@ここで来たか

 『新幹線に乗れ!!』のハイジさん激怒場面がここで来た

 あそこで倒れるのかなって思ったらそれは無し

 どこだ、どこで倒れるんだ(悪魔)

 アニメだと貧血表現がわかりやすい

 
@走のツンが止まらない

 王子に戦力外通告

 原作だとここまではやってないからなー

 アニメのツンツン走もこれはこれで好き



リクドウ 第219話 『12ラウンド』 感想

@声に出したいリクドウ

 「あの瞬間は戦車でなく・・・ただの”人間”だ」

 いつか使いたいセリフ

 
@まさかの判定へ

 椿vsカーンで

 判定に持ち込まれるとは思わ無かった・・・

 判定ならカーン勝ちそうだけど

 
@椿さんの今後

 せっかくロギア化したのに椿さんの未来は暗そう

 この試合は負けたでしょ

 三原さんの復帰も絶望的な状況に
 
 あるいは三原さんが「俺が椿さんの仇取りますよ!!」展開は・・・

 無いな


@他の漫画 感想

 ティエンポ  波多野さん、腐女子になりそう
 
 スナックバス江 ママが出てない件

 隣の悪女  だから六本木心中は何なんだよ

2018年12月2日日曜日

西郷どん 第45回 感想

@大久保

 止めたいのか殺したいのかはっきりしろ!!

 密偵送るぐらいなら手紙送ったれよ・・・

 まあ史実云々もあるからいいけど

 ドラマとしての味付けとしてもわかりづらい

 この時点で西郷とは決別していたって描写でも良かったと思う

 「殺してでも止めろ」宣言しといて

 いざ西郷が決起したら、俺が行くとか

 どっちやねん


@鈴木亮平はすごい

 私学校党へのガチビンタすこ

 ルックスは完全に西郷どん

 だんだん表情に悟りが見えてきた


@ハンバーグ!!!

 桂さんが出てきた時の微妙な空気最高に好き


@今日のアイカナ

 私学校に向かった西郷が目にしたのが

 吊るされたアイカナだったら面白かったのに

2018年12月1日土曜日

風が強く吹いている 第7話 『頂きに牙を剥け』 感想

@藤岡のスキンヘッド設定消える

 ええんかお前ら・・・

 王者の貫禄はありますねぇ
 

@花ちゃん

 記録会は原作でもついてこないけど

 アニメでも来ないのな

 なんか出番無さすぎで逆に気になってきたんだけど


@運転下手な奴はセックス下手説削除さるる

 英断


@ゼッケンにチップが埋め込まれてる説明

 これ削ったの勿体なかった

 これは小説読んで初めて知ったし

 そのチップでタイムを測定するそうです


@心の涙

 藤岡やマナスに全然勝てなくて俯く走

 グラウンドに落ちる汗が涙みたいで素敵やん


@ブチギレ金剛

 アニメの走は結構情熱的というか

 感情むき出しで

 これはこれで良いですね

 デレった時の破壊力やばそう


2018年11月29日木曜日

リクドウ 第218 『完璧主義』 感想

@ショタ椿

 うーん。ほっぺたまん丸で草

 兵藤会長は若い頃から可愛げがなくて草ァ!!!


@ガバガバ戦車設定

 ここに来てカーンの拳に自動追尾機能スキルが付与

 ずるい(小並感)

 
@完璧主義

 椿さんはパンチの出だしから拘るタイプ

 その拘りが行くところまで行って

 とうとう”視線を向けた瞬間”にまで遡った

 そしてその初お披露目が世界戦

 ストイックここに極まれり


@他の漫画 感想

 テラフォーマーズ  そう言えば喧嘩稼業

 めぐる春     こういう展開は好きじゃない。ヤンデレってか痴女やん

 バトンの星    一部完(続きがあるとは言ってない)

2018年11月27日火曜日

青のフラッグ 第38話 感想

@その部位は俺に効く

 前回のハグはノーダメだったのに

 手首握られるのはダメなのか(困惑)

 青のフラッグのみんなの迫真顔がすき

 太一の手が小さくてきゅんと来たのかな

 「腰細っせぇな」の文脈


@なみちゃんがすき

 明希子さんと真澄ちゃんの幸せ問答は

 『エスケープジャーニー』(2巻)の(羽瀬のほう)太一と直母との会話を思い出した

 どっちも「楽して幸せに成ってほしい」ってのも一緒だし

 直母は「楽してばっかじゃろくな事にならないけど」とも言うが

 普通だったら(?)、あそこは太一と明希子さんで幸せ問答だよね

 あえて真澄ちゃんと明希子さんをぶつけるのはすごいと思った


 幸せ=恋愛の成就だとしたら、『青のフラッグ』は壮大な不幸の集積になりそう

 別の幸せ探さなきゃ(使命感)


@太一とかいうナチュラル畜生

 だんだん太一の畜生加減に呆れてきた

 トーマも太一のどこが良いんだよ・・・

 トーマに聞いたら「駄目なとこも良いんだよ//」とか言いそうだけど

 太一の「幸せになれちまうんだろうなー」は皮肉というより

 思ったままをつぶやいただけなんだろうけど

 トーマからしたら、辛いわなぁ

 太一にだけは、わかって欲しかっただろうに

 例えば貴方が一番欲しがってるものから

 「貴方は何でも持っていますね」と言われる絶望
 
 トーマなら今のままでも、何でも出来るし幸せになれるよってのは

 だから俺(太一)はお前に必要ない、という遠回しの振り方


@次回はやばそう

 事と次第によっては、一気に最終回になりそう

 

青のフラッグ 第37話 感想

@36話の感想は特になし

 just because への強烈なアンチテーゼかな?


@作画変わった??

 なんか絵変わったよね?

 メイドの子たち可愛かったです

 ホラー系の描写がすげえ力入ってて

 KAITO先生はホラーがお好きなのかな


@ほいよこれが具だくさん・ヒエヒエ・お化け屋敷ね

 BLで、お化け屋敷と言えばラッキースケベの宝石箱ですが

 トーマと太一も例外ではなく・・・と思ったんだけど

 別にトーマは太一に触られるのはなんとも無いのね

 太一が絶叫するなり、ガチ心配するトーマまじ尊い

 でも

 あそこの『ドッ』からラッキースケベ展開にしなかったのは

 賛否両論ありそう(俺の中で)


@明希子さんのニット率は異常

 この漫画で一番エロいのは明希子さんで異論は無いと思います。

 明希子さんでるたびに、やたら胸が強調されるのは

 どういう意味なのかと勘ぐりたくなる・・・

 いや、俺は嬉しいんだけどさぁ


2018年11月25日日曜日

西郷どん 第44回 感想

@これはこれで良い

 大久保率いる新政府が悪の帝国みたいな演出ですき

 ステンドグラスっぽいあれが薩摩切子かな?


@浪士ちゃんとしようよ

 岩倉の悪運は異常

 浪士も(致命傷)外してんじゃねえよバカ!

 脚色するならあそこで岩倉殺しとけ

 そしたら100点


@ファン、じゃあダメなんだよ

 人を育てる難しさというか

 リーダーはいつまでもリードは出来ない
 
 フォロワーの誰かをリーダーに育てる義務が有る

 フォロワーからしたら、それは迷惑

 「貴方の背中を追っかけたい」なんてのは嘘

 本当は追っかけるのが楽しいだけ

2018年11月23日金曜日

リクドウ 第217話 『追われる者』 感想

@椿さんもロギアに

 脱力を会得して『どこからでも俺は打てる』ようになった模様

 つよい(確信)

 居付きが無くなって自由に身体を動かせるように成ったということかな


@三原さんのおかげ

 勝っても負けても椿と三原の絆はズッ友だよ展開だなこれは


@松原先生のここがすごい

 メスイキおじさんに『本当の戦う理由』は何かと問われるリク
 
 でもここで画面にクローズアップされるのは苗代!!

 この演出はかっこいい!!

 リクの戦う理由が気になってるのはリクよりも苗代のほうなんだよなああ


@勝敗の行方

 展開に巻きが入ってる

 あと一回カーンの見せ場がありそうだけど

 これは椿さんの勝利だと思うよ


@他の漫画 感想

 めぐる春  ヤバイ系美少女を出す漫画に成った模様

 バス江   カロリーが俺をあるべき姿にしてくれたんだ

 リビドーズ  毎回相手の”性癖”を暴いて勝つ展開なら面白そう

2018年11月18日日曜日

西郷どん 第43回 感想

@岩倉さぁ・・・

 岩倉にも岩倉なりの理想の国造りとか描写が無いから

 『おもろそう』だけで西郷を政府から追い出しようにしか見えない

 ひたすら嫌われ者として描写してるなら良いけど

 それなら閣議で喧嘩別れした涙の意味もよくわからん


@木戸孝允

 木戸は最後までスマートでかっこよし

 玉山鉄二かっこいいよ!

 長州の白い部分担当


@他所でやれ
 
 西郷と大久保の衝突を

 痴話喧嘩レベルまで落とし込んだのは良かったのか悪かったのか

 どっちも10代とかなら良いけど40代やぞ

 政治の世界なんてそんなものかも知れないけど

 喧嘩した後に会いに行けた時点で西郷の勝ちだった

 そして勝ち逃げに終わる二人の運命





風が強く吹いている 第6話 『裸の王様』 感想

@キングで2話も使ったのは偉い

 勝負に出たな(尊敬)

 

@4年生チームすき

 ハイジさんの陸上のやべーやつ感とか

 ユキの一番マトモな”次男”感とか

 ニコチャンのThe先輩感とか

 すげえ良い・・・

 ニコチャンが潜在的にハイジ派なのが、ああいう亀裂の時に架け橋になるね

 この時点で理想的なチームに成ってんだよなぁ・・・


@誰のため

 何のために生きてるかわからないなら、誰かのために生きればいい

 うーん、深いw

 自分のために生きるって続かないからね


@キング

 見てて辛かったー

 傷ついてるアピールしてるけど、いざ慰められると反発したくなる感じわかるー

 ジョグに復帰したときにみんながニヤニヤしてたのは逆に救い

 
@謎

 ミステリアスな女性(男性)はモテると言うけど

 謎自体がモテるんでしょうね

 追っかけたくなるというか

 どこか謎を秘めたハイジさんが気になる走

 どこか謎を秘めた『走るということ』が気になるハイジさん

 届かない追いかけっこなんだよなぁ

 わからないから気になるけども、もう少しでわかりそう みたいな時が

 一番燃え上がるからね


@神童はショタ枠に成ったのだ・・・

 神童の可愛さが限界突破した回

 最後のスポンサー募集Tシャツ羽織るとこヤバすぎでしょwww

 でもキング☓神童は業が深い

2018年11月17日土曜日

風が強く吹いている 第5話 『選ばれざる者たち』

@無限の可能性
 
 可能性とは選ぶことではなく引き受けることであるというお話

 無限とは覚悟のことナリ


@思ったよりキング回

 キングさんの氷河期世代感は異常

 周囲に溶け込めないことを自分の『キャラ』だと認めた結果

 余計に溶け込めなく成る悪循環

 キングがそう思ってるだけで、アオタケのみんなは仲間だと思ってるのにね

 キングの場合は高望みというより面接で落とされるタイプそう・・・


@ニコチャンのシバターみ

 ニコチャン先輩の作る針金人形が亜人っぽくて草ァ!!!

 ユキがいちいち突っかかるのかわゆい

 ニコチャンのくたびれた感じが、ユキは好きなんだろうなぁ

 ニコ☓ユキの関係性は『こころ』の先生と私っぽくてスコスコ

 大人なつもりの若者と、それに憧れる若者って感じで

 尖った若者ほどくたびれたオッサンに憧れるものよ


@ほりすすめ

 ニラ☓王子という魔境が開拓された件

 
@走は何を言おうとしたのか

 走も夜のジョグしたかったのかなー

 ハイジさんは走がオーバーワークしそうだから止めたのかも

 
@ハイジさん!!

 走と話す時のマジ声すき

 走目線で描かれるハイジさんもすき

 まっだまだツンツンで先が思いやられるぜ
 

2018年11月15日木曜日

リクドウ 第216話 『馬鹿』 感想

@すけべすぎる

 クリンチしてる椿さんエッッッッッ!!!

 そんでインターバルの椿さんが完全に事後

 ありがとうございました!!

 このサムライ、スケベすぎる・・・


@三原さんがヒロインすぎる

 三原さんのヒロインムーブが完璧すぎる

 椿さんをリクに、三原さんを苗代に置き換えて読んでみて

 まったく違和感無いから

 でもリクのヒロインは所沢さんなんだよなぁ・・・(狂信)


@何、考えてたの

 三原のことを思いながら拳を出したら覚醒した

 何を言ってるのかわからないかも知れませんが、そういうことです

 ”脱力”がリク世界の強者の条件になるのかな

 カーンが脱力するとしたら家族絡みかな


@他の漫画 感想
 
 ティエンポ  初めて、サッカー漫画が好きになれそう

 隣の悪女   SAWかな

 めぐる春   おわりそう



2018年11月11日日曜日

西郷どん 第42回 感想

@オールさげ

 どうやって西郷どんを悲劇のヒロインにするのかと思ったら

 「西郷どん以外はみんなバカ作戦」で来たかー

 長州サイドに怒られそう


@脚本ップさぁ・・・

 伊藤の黒化が急なんだよなぁ・・・

 大久保も、西郷との決別はもっとしっとりやってほしかった

 ほんとにアレだと喧嘩しただけじゃん

 本質的な部分のスレ違いが見たかった
 
 大河ドラマとう長いスパンでスレ違いを描いてほしかったのに


@町人パート

 あれいる??島編思い出して吐きそう


@今日のアイカナ

 髪の毛切られてる少年がしれっとアイカナにすり替わってたら

 面白かったのに

2018年11月10日土曜日

疎外と物象化と田中角栄とハロウィン

@そういう時もある

 最近は漫画を読むときは

 この作品は疎外と物象化だったらどっちだろうと思いながら読んでる

 宮台真司の言葉を借りるなら

 この作品は『ここではない、どこか』を目指しているのか、いないのか

 BLで言うなら

 「エスケープジャーニー」は『ここではない、どこか』を目指している疎外サイド

 「ヤリチン☆ビッチ部」は『ここではない、どこか』なんか信じてない物象化サイド

 だから「エスケープジャーニー」は好きになれない

 現状の幸せに見向きもしないで必死に未来へと『名前』をつけたがるのがよくわからん

 
 田中角栄は疎外or物象化の彼岸の人

 人はメシとカネで生きると思ってる人

 定期的に来る角栄ブームはつまり思想的対立への疲れ

 『ここではない、どこか』なんか信じてないんだから物象化サイドっぽいけど

 角栄の場合は、本能でそう思ってるから、やっぱり彼岸の人

 俺はメシとカネをやる。お前らは黙ってそれを貰う

 人間はそれで良いんだ。という生臭い善意の塊のようなオヤジ

 親戚に1人は居るようなオヤジ

 こういう関係は頭も心も使わないから楽だけど楽しくはない

 やってみれば(もしくは、やられてみれば)わかるが

 メシとカネだけの関係は息苦しい

 非常に息苦しい。まるで家族みたいだから

 家族というものはそれ自体は息苦しいものなのだ。

 それだのに人類が存続できたのは『家族は素晴らしい』という建前を守ってきたからだ

 角栄タイプのオヤジは、それが建前だと気づかない。

 家族の本質は『メシとカネ』だと思っている

 それは違うのだ

 家族の本質は『家族は素晴らしい』という虚しい建前の方である

 人はメシとカネのためには死ねない。

 当たり前である、メシとカネは生きるために求めるのだ。

 人が命を賭けられるのは建前だけである


 ハロウィンで若者が騒ぐ元気があるのは

 ハロウィンが建前だからだ

 あれが『若者の貧困問題についてのデモ』だったら絶対に車なんかひっくり返らない

 中高年があの騒動に眉をひそめるのは彼らにはハロウィンという建前が見えないからだ

 歳を取るとはそういうことなのだ

 そして建前のために騒げるのは若者だけなのだ

 若い頃は角栄を叩いて奴らが加齢と共に『角さん』などと言い出すのも

 角栄ブームなどと言っても立ち読んでるのはオッサンばかりというのもこれで納得いただけると思う。 

 建前が見えなくなると『メシとカネ』しか残らなくなる

 そして政治にまで家族を求める

リクドウ 第215話 『理性』 感想 あと『ひっこみゅーず』がおもしろそう

@やっぱみはつば

 カーンにフルボッコされた椿さん

 王者という頂きに届かないことよりも

 恐ろしいことが有る

 それは

 『絶望してるお前の面だ』ミハラミナガラー

 三原さああああああんん!!!!

 今すぐセコンドやってええええええ!!

 泣いてる三原さんしんどい

 ここに来て椿さんを三原にデレさせるとか

 やっぱり松原先生は傑物

 すごい(小並感)

 
@同時上映

 カーンの過去が中々エグい

 爆弾背負った子供とか、おおもう・・・

 松原先生の戦争漫画とか読みたい・・・読みたくない??


@ぴったり

 冷静な椿さんのボクシングが

 カーンが誇る完璧なボクシング理論にぴったり重なってしまって

 逆にやばい感じ

 冷静をちょっと崩す不器用さが必要とか

 むちゃくちゃ言ってんじゃねえぞ会長おお


@メイドインひっこみゅーず

 ポテイトでお馴染みのサンカクヘッド先生の新連載

 引っ込み思案な女の子(かわいい)達がメイド喫茶をやるお話

 今更メイド喫茶モノかよって思ったけど

 良い意味でお約束展開が続いて読みやすい

 最初からアニメ化を意識したような演出も、まあ面白い

 今回は男は一切出さないつもりなのかな

 タイヘーロスで死にそ


@他の漫画 感想

 リビドーズ  チン○切るか切らないか「引き」は斬新

 めぐる春   ブレてきてるなー

 隣の悪女   分析出来てると思ってるうちはガキのまんまよ

2018年11月4日日曜日

西郷どん 第41回 感想

@国父回

 斉彬みてるかー

 弟は立派になったぞー!!

 
@父

 最後の最後で(41回目)懐の深いところを見せたツンデレの鑑

 あそこで『やっせんぼ』が来るとは思わなかった

 最後までやり通せ、だめになったら『薩摩に帰ってこい』

 この激励が最悪の形で実現することになるとは・・・


@麿やぞ

 岩倉うぜえ

 史実通りだとこのまま岩倉大勝利でますますうぜえ

 ドラマなんだから田原坂にうっかり迷い込んで惨殺!!とか

 やってもええんやで


@いろいろある

 糸が菊次郎の見るときに目が、なんか怖い

 優しさを表現してるのかも知れないけど

 なんか怖い

 アイカナへの妬みを強烈に感じる


@今日のアイカナ

 久光が顔を上げたら天子様じゃなくてアイカナ(洋装)だったら面白かったのに



2018年11月3日土曜日

風が強く吹いている 第4話 『消えない影』 感想

@ペルソナっぽい

 この回はなんかペルソナっぽかった

 アニメもちゃんと見てないしゲームも途中で投げたんで間違ってたらすいません


@落ちたな

 榊は原作と違ってヤンホモ化しそう・・・

 つかよく知らない集団相手に、あんなズカズカ行けるな(陰並感)

 『また会おう』って言われてうっすら頬染めてそう


@ハナちゃん

 曲がり角ラッキースケベという謎アニオリで走√かと思ったら

 やっぱり双子√やぞ

 ピンクのジャージがすげえかわいいなって(ノンケ)


@対比

 帰るときに高校の陸上部が縦一列に並んで歩いたのに対して

 アオタケのみんなは横一列に並んで歩いたのが対比としてきれいでしたね

 個↑々↓を認め合うチームは素敵やなって


@申し訳程度の成長要素

 王子も着実に速くなってる模様

 ハイジさんも王子のために漫画の勉強したんやろなあ

 
@正妻

 OPのハイジさんの扱いが完全にヒロイン

 しんどい

2018年11月2日金曜日

リクドウ 第214話 『軍人』 感想

@椿リョナ

 椿さんは苦戦してるイメージしか無いんで

 被弾する椿さんに驚く三原さんに驚いています

 でもカーン戦はもらいすぎ

 でも椿さんは血が似合うからなぁ

 彼の試合にはいつも会長の歪んだ愛を感じます


@甲冑(ガード)を脱ぐ

 ガードしてもダメージをもらうなら

 いっそ、ガードをしなければ良い

 避けるディフェンスでカーンを出し抜く!

 でも出だしからガード”させられる”椿さんに萌える

 会長もなんか指示出せよ(ガチギレ)


@セコンドとしての三原

 今は『外野』にいるけど、この試合で三原がセコンドとして覚醒しそう

 三原さんが現役復帰する未来が見えないんだお

 となると椿さんは、やっぱ負けるのかなー


@他の漫画 感想

 リビドーズ  要は『勃起したら死亡』。BLでありそう

 ティエンポ  「意味のある練習にするかどうかはお前ら次第だ」

 バトンの星  DKに盛るBBAをヤンジャンで連載してもさぁ・・・

 

2018年10月28日日曜日

西郷どん 第40回 感想

@いまさら面白くなる大河ドラマ

 明治編に成ってから面白い

 やっぱねえ政治家がバチバチやるから面白いんであってね

 惚れた腫れたで島でドッタンバッタン大騒ぎは大河ドラマではやって欲しくないぞ


@ヘイトタンク

 岩倉を釣瓶にした意味がやっと出てきたね

 あのクソムカつく感じは釣瓶じゃなきゃダメだわ


@フード演出

 くま吉のおにぎりは

 『初心に帰れ』というメッセージなんやろなぁ

 食いたくはねえけどなあ


@すれ違い

 100年先を見ている(つもり)の大久保と

 ”今”を見ている(つもり)の西郷

 これは喧嘩別れするわな

@今日のアイカナ

 廃藩置県を説明する時の映像で藩の家紋がぶわーっと出たけど

 あそこでしれっと顔のアイコンが出れば面白かったのに



2018年10月27日土曜日

リクドウ 第213話 『戦車の懐』 感想

@近づくのも危ない

 活路は懐に飛び込んだ先にある

 所が懐はもっと危険で・・・

 椿さんはカウンタータイプだけど

 カーン相手には先の先を取るしかなさそう


@フレディの位置

 解説ポジに落ち着きそう

 てか水Pもちょっとからんでこいよー


@殴って勝つ

 カーンの戦略は殴って勝つ

 ストレートはガードさせて腕を破壊

 ボディへの攻撃でスタミナ奪って足を破壊

 これができれば苦労はしねえって感じだけど


@他の漫画 感想

 バトンの星  ラブコメに堕した模様 はあー(クソデカため息)

 いばらめぐる春  かませで百合を使うな(血涙)使うな()

 スナックバス江  眼の前にモザイクがあって 
           この手にはそれに抗える可能性がある  

2018年10月23日火曜日

風が強く吹いている 第3話 『花、一輪』 感想

@ええんか・・・

 『葉菜子ちゃんのために走る』で、ええんか・・・

 双子は良いよ。原作もそうだし。

 でもキングと神童とムサはあかんやん・・・

 いや、いいけどさぁ(優柔不断)

 
@葉菜子の推しを探せ

 原作だと最初は双子推しだったけど
 
 アニメは走推しそう

 ヒロイン(3話から登場)みたいな登場してたし

 走と葉菜子は原作でも、モニャモニャした間柄だったので

 アニメはどっちかに振り切れて欲しい

 
@キングの孤独

 キングは葉菜子が好き設定がちょっと不安

 箱根駅伝のキングパートで彼が孤独を独白するとき

 その孤独の内容が「葉菜子」のことだと一気に萎える

 キングの孤独はそうじゃないじゃん!!

 それだけはやめてほしい


@葉菜子

 かわいい!!

 原作だと髪は後ろでまとめているみたいだけど

 今の玉ねぎカットもかわいいね

 俺やっぱ葉菜子推すわ(ノンケ)


@今どき珍しいぐらいのツンデレ走について

 3話ぐらいじゃまだまだデレへんでー
 
 アニメ観てから原作読むと小説走はかなりの良い子

 アニメ走は感情を結構表に出してますね

 だから『監督殴った事件』も彼ならやりそう

 この感じだと、最終回でやっとデレそうな勢い

 ユキもアニメ版は手強そう

 王子の髪の毛ふぁさあはやめろ

 やめろ

@榊とかいう不遇

 次回は榊くんが出るぞー

 走の被害者その**

 
@ペース配分

 アニメはこのペースで進行して大丈夫なのか

 なんか箱根駅伝は最終話だけとかだと怒るぞ


@ノルマ鶴の湯

 左官屋が居ない-114514点
 

2018年10月21日日曜日

西郷どん 第39回 感想

@新OP

 かっこいい!

 なんかロボアニメっぽい

 特に西郷と大久保がすれ違う所尊い。。。


@それでええんか

 西南戦争へうまいことドラマをつなげて

 視聴者に西郷へ肩入れさせるには明治維新の負の側面を描く必要がある

 現状だと、『強引な大久保が悪い』という個人の資質に還元しちゃって

 それだと問題の矮小化じゃない?

 そういう『世の中が悪いのは、悪いやつがいるからだ』って発想自体を相対化すべきだと思うんだけど、おまえどう?


@アイカナ

 最終回まで出ないのかな

 いや、どっちでもいいんですけど


@西田敏行

 ナレーションは菊次郎だったという誰得展開

 西南戦争の時を思うと今から心がイタイイタイなのだった


@役者は良い

 鈴木亮平は身体もすごいけど表情が良い

 ほんと西郷隆盛感出てきた

 久光も鹿賀丈史に寄せた演技が良い

2018年10月20日土曜日

リクドウ 第212話 『王者の圧力』 感想

@椿さんやばそう

 耳から血ぃ!!

 ヤバイやつじゃん!!中から?

 『最後のかすめたパンチでか?』って言ってたから擦過傷かな?

 中からの血ならヤバイやつじゃん!!

 更にカーンの右ストレートを食らって右肘がずれたっぽいぞ

 勝っても椿さんは爆弾を抱えそう


@セコンドが会長

 兵藤パパがセコンドなのがなんとも言えねえ雰囲気で良い

 なんとも言えねえのだが


@カーン

 足跡がキャタピラ痕に成ってるのかっこいい

 戦車モチーフの強さ描写が今までに無くて楽しい

 リクドウはアニマル例えが多かったからね

 その中で刀をイマジナリーしていた椿さんが異色だったけど

 戦車カーンと出会って無機物最強戦がはじまるんやで

 うーん、椿さん負けそう・・・


@他の漫画感想

 ティエンポ  『ちょっと触ってみる』←あのさぁ・・・

 バトンの星  チョロイン系男子。恋のドロップしてんじゃねえよ

 隣の悪女   ◆物語はいつも私たちの隣で始まる。

 

2018年10月14日日曜日

西郷どん 第38回 感想  糞テロップを許すな

@ゆるすな


 なにあの糞テロップ


 受信料かき集めてやりたかったことがアレなの???

 ドラマを放送している自覚は有るの??

 良いもの作るきあるの??

 おい こら

 世界観を守る気ないなら

 ドラマなんか作るなよ

 お金を貰う資格ねえぞ


@吉二郎

 吉二郎の戦死を非英雄的に描くことで

 戦争の悲惨さを伝えようとしたのだろうか

 でも俺が見たかったのはもっとエモーショナルな

 ドラマ的な戦死が見たかった

 西郷の身内が戦死するという見せ場を台無しにした演出


@うすっぺら

 琴の説教がすげえ良かった

 感謝してるなら、たまには形あるものを渡せは大正論

 38回目でこのセリフは重みがある

 マジでこのドラマの西郷から魅力、全然感じねえもん

 いや西郷だけじゃなくて登場人物全員だけど

 脚本が悪い。

  脚本が悪い。


@決別

 西郷と大久保の別れ方も、よくわかんねえ

 盛り上げろよ、あそこは

 あははははて

 あはあははっはて


@FPS演出

 洋画の周回遅れが日本ドラマのお家芸だけど

 あのガラス割れ演出はくそだせえわ

@人生の楽園

 来週は西田敏行さんが出るみたいです


@今日のアイカナ

 床板を外したらツボと一緒にアイカナが出てきたら面白かったのに

 来週はアイカナが出るみたいです

 なんか人物相関図の推し具合だと毎週出そうで辛い
 
 もう 好きにして

2018年10月13日土曜日

風が強く吹いている 第二話 『鬼が来たりて』 感想

@ユキ☓ニコらしいな

 この2人の絡みがアニオリ

 そっちサイドのテコ入れを感じるお

 ユキは原作よりも駅伝反対派っぽ

 ニコチャンは原作よりもオトナ

『ニコチャンにはずっと今のままくたびれて居て欲しい』ってユキは思ってそう

 彼氏をダメにする系女子感ある


@銭湯対決について

 「裸を出す」という意図のためやむ無しとは思うけど

 『箱根駅伝に出る』ことをアレで決めたらなんかさあ

 しかもハイジさんと走でそれはねーよっと思ったから引き分けで安心

 全員で鶴の湯に来るのは原作でも無かったから、楽しかった

 定期的にやってほしい(下心)

 ユキの勝つ気のない走推し良かった

 てか、あれ?

 ユキニコきてる???


@ツンツン

 アニメの走はつんつんやね(笑顔)

 箱根にも真っ向から反対してツンツンやね

 原作だとアオタケメンバーに話を合わせて駅伝参加するんだけど

 アニメのハイジさんと走は、師弟というより兄弟感があって

 これはこれで良いです

 ハイジさんが、いつ走を『口説き落とす』のか楽しみ


@期待と不安

 来週からは練習が始まりそう

 落花生割りながらのハイジさんの『走るってどういうことなのか』の場面は

 絶対にやってほしい!!それだけ

 あと葉菜子は可愛い感じで俺に良し

2018年10月11日木曜日

リクドウ 第211話 『現役一』 感想

@井上尚弥とかいう主人公

 松原先生も井上尚弥の秒殺勝利に興奮されていたようで

 椿さんの秒殺勝利もありえそうなの


@三原さん

 「なめんなよ 紳士ヤロー」

 どっちだよ(困惑)

 椿さんのことになるとTDNファンになる三原さんだいすこ


@いまのところ

 スピードでは椿さんが勝ってる
 
 カーンの持ち味はパンチ力みたいだから

 なんか逆にカーンの秒殺勝利もありそう


@他の漫画 感想

 キングダム  桓騎とかいたなあそういえば

 バトンの星  風呂敷だけ広がっていく

 隣の悪女   え?桐太が犯人なの??

2018年10月8日月曜日

風が強く吹いている 第一話 『10人目の男』 感想

@アニメの良かった所

 ・万引きへのフォローがある

  ここは原作でも気になってたので、「店に謝りに行こう」があったのは良かった

  でも、この万引き事件は後の曇展開へのミスリード機能もあったから

  物語導入的には必要なんだろうけどね


@アニメの悪かった所

 ・ハイジさんの走のふくらはぎチェックが無かった

  絶許。なんで?なんで削ったの???

  ハイジさんの純粋セクハラが見たかったの!!

  王子への筋肉チェックは絶対にやれよ!!!

 
 ・ハイジさんの走との出会いモノローグが無かった

  これは絶対に必要。

  後半でやるのかなー

  あれは絶対にやってほしい。

  プロポーズやぞ


@左官屋

 正直、左官屋はアニメではカットだと思ったらガッツリ出るのな


@ハイジさんの悲しい嘘・・・

 ハイジ「もう少しで全快する」(大嘘)

 おおもう・・・

 あそこでちょっと泣きそう


@今思えば、走さぁ・・・

 走は高校時代の『監督殴った事件』は隠したがるのに

 なんで万引きしちゃったのよ?

 万引きが記事にでも成れば、確実に『監督殴った事件』もバレるやろ


@いちばん推されてるのは

 キングが思ったより出番ある感じ

 王子の髪の毛ファサアは絶対にいらない。あだ名が王子なだけで

 彼自体は全然、王子様キャラじゃ無いやろ

 ムサと神童はイメージ通り

 ユキはもうちょっと文学青年ぽいイメージだったなー

 ヤリ部で言うなら鹿谷先輩ぽい

 ニコチャンはまあ、あんな感じ

 双子はショタ枠だと思ってからなー

 ハイジさんはぴったり。声もすげえいい。

 全体的になんか冷たい情熱があっていい・・・

 走もいい。無自覚な無愛想な感じが 


@箱根前をどれだけやるのだろうか

 次回で勧誘やるのかな

 3話で記録会?4話で合宿??5話で予選会かな

 葉菜子はやくきてくれーあと榊も

『DREAM!ing』がすげえんだよ・・・ すげえんだよ・・・

こんな感じやぞ


@東雲学園とかいう無法地帯
 
 様々な理由で『学園主席』を目指す男子達の物語

 でもね、主席は1人の力じゃ無理なんだよ

 2人が協力しないとダメなんだよ(ニッコリ)

 学園主席に成るには人徳が必要。人徳はフォロワー(要はファン)の数で測る

 フォロワーは『ゆめライブ』で獲得する

 そして、『ゆめライブ』は2人で行う・・・

 
@CPの必然性

 2人でなきゃダメなんだ、という理由付けが素晴らしい

 ゆめライブの縛りのおかげで、『ケンカップル』が無理なく楽しめるう!!

 BL展開をメインストーリーでは(まだ)推して無いのが良い

 いや、腐ってるユーザーなら充分、BLとして楽しめるんだけど

 恋愛とかそういう表現じゃなくて、本当に仲間とかコンビとか絆とか

 そういう表現なのが良い

 抑えてるから余計に萌える、というか

 茶化してるような粗製BLモドキゲーとは志が違うぜ

 腐ってる自覚があるなら今すぐやれ

 覇権とるぞコレは


@推しカプ

 『混ぜるな危険』の新兎☓獅子丸やろなぁ・・・

 『心腹の友』の時雨☓真也もいい・・・

 ほんとはぜんぶすき

 このゲームがすごいのは

 全部のキャラで掛け算が出来るところ

 ストーリーが仕向けてくるんだよ!!あらゆるカップリングを!!!

 どのキャラにも絆が有って、因縁が有って、愛があるんだよ!!!

 マフィアの息子とお医者さんとか

 八方美人とツンツンとか

 タラシと天然とか

 王道を行く俺様と執事とか

 一人ひとりが充分、キャラ立ってるから

 どんな組み合わせも戦える

 ドリームチームやぞ

2018年10月6日土曜日

リクドウ 第210話 『仮想戦』 感想

@背中だけで酒が飲める

 椿さんの背中をずっと見ていたい人生だった・・・

 三原さんならわかってくれると思います(良い意味で)

 椿さんL字ガードなんだね


@逃げろリク、

 リクの隣がメスイキフレディ

 苗代より先にフレディで脱童したら許さねえぞ

 『試合中にあるわけねーだろw』と言えないのがリクドウの恐ろしさ(素晴らしさ)

 いや、無いとは思うけど

 無いよね?


@サムライを堪能してますよ(CV増岡弘)

 いきなり「最強の挑戦者」呼ばわりされた椿さん

 壮大な死亡フラグな気がするよん


@他の漫画感想

 バトンの星  みんなで小野さんを応援しよう!DKOにまけるな!

 ティエンポ  『こんなにも先輩が怖いのは わからないからなんだ』

 花待ついばら 『花は太陽に向かって咲くもの
             花はお互いをみつめることはできない』

2018年9月30日日曜日

映画 『滝を見にいく』 感想 

@10月4日まで

 

 アマゾンプライムで見ました

 クソ映画なんで見なくていいぞ


@あらすじ

 おばちゃん7人が滝を見に山に行ったら遭難するお話

 
@ミソジニーここに極まれり

 恵まれた設定から繰り出されるクソみたいな映画でした

 「型にハマった生き方」とか「ヲタク」をバカにするのが邦画の得意技ですが(それすら出来ていないが)

 この映画もステレオタイプな「おばちゃん」を出して馬鹿にするだけの映画でした

 延々と内輪もめと幼児退行を見せられても退屈

 「おまえら、結局オトコが居なくてさびしいんだろ?ww」という監督の熱いメッセージだけが前のめりできつい

 上野千鶴子のコミュニティ論への当てつけかと思うようなクソ映画

 フェミニストじゃないけど、この映画はおばちゃんをバカにしすぎだろ
 
 「山で一晩暮らせない」能力を笑いたい人にはおすすめです

 90分のすべてが不愉快でした

まもなく覇権を取るであろう『風が強く吹いている』について  ※ネタバレあり

@まず原作が面白い

 

 (腐男子的に)信頼できる三浦しおん先生の小説が原作

 この小説がまず面白い

 現状では非運動部の登場人物たちが箱根駅伝を目指すお話

 陸上経験者は3人、元剣道部が1人、双子が一組。

 黒人留学生1人、ヲタク1人、田舎産まれの神童1人、クイズ王1人。

 このメンバーが走ることを通して繋がっていく 


 主人公である走は天性のランナーでかなり個人主義な所がある

 だから最初は馴れ合いぎみなアオタケのメンバーと衝突もするけど

 ハイジから「速く」走るよりも「強く」走ることを諭されて・・・

 
 前半のキャッキャウフフな男子校っぽい描写も面白い

 箱根駅伝に突入してからは読むのが辛いぐらいの過酷な駅伝描写が始まる

 特に風邪をおしてまで走りつづける神童のところは辛い

 キングの独白も辛い

 後半をどう面白く描けるかがアニメ化が成功するかの鍵だと思う

 前半で色々、キャラに興味を持たせないとエピソードによってはガクッと人が離れそう
 
 小説だと後半から読むってのはあり得ないから自然とキャラに愛着を持った状態で駅伝に突入できる

 アニメだと途中視聴組も多いだろうから、後半勢のためのフォローとかあればいいかも

 俺は全話みるけど(謎のマウント)


@CPについて

 王道を征くCPはやっぱり走☓ハイジのアルプスコンビだよね

 出会いはハイジが走を追っかけるんだけど

 『流星』では走がハイジに走っていく

 そんで最後はもう一度、ハイジが走の元に走っていく

 そこでハイジは『強く』走ることを体現して見せる

 この二人の関係性は本当に尊いとしか言えない

 清々しい師弟愛というか先輩後輩感が、とうとい


 走☓王子の正反対萌えもいい…

 ニコチャンとユキの熟年夫婦感もいい…

 ムサ☓神童の百合感も良い…

 最後の最後で明らかになるキングの孤独もグッと来る

 ニコチャンが潜在的に腐男子なのもおすすめ


@走☓ハイジ

 ほっといたらどこまでも行きそうな天才と包容力の有るお兄さん

 協調性のないエースと妥協を知らないキャプテン

 そういう組み合わせ

 あの夜、走を見つけたハイジの気持ちを思うと胸が避けそうに成る
だからPVを「その場面」にしたのは大英断

 もうね、小説読んだ後はこの動画だけで泣けてくる

 やっと、見つけたんやなって(涙声)

 つまり、そこにはハイジの理想が走ってたんだよ

 もうほとんど呪いに成りかかってた「走ること」への欲望が

 希望に変わった瞬間なんだよ!!


@キャラデザがね・・・

 なんか好きじゃねえけど見てれば愛着が湧くかな

 双子はショタ枠だと思ってたんでね・・・

 キングももっとこう神経質そうな見た目をイメージしてました

 王子のビジュアルはぴったり

 あの王子がね、大衆の面前で吐くんスよ(ニチャア)  

2018年9月29日土曜日

リクドウ 第209話 『世界の舞台』 感想

@懐かしい夢

 椿さんが見た『懐かしい夢』に出てきた兵藤王者

 その王者の隣りにいるリーゼントの人って雨宮社長じゃね??

 
@椿さんの下の名前!!

 


 椿さんのガウンには『椿 和馬』と刺繍されている

 下の名前は和馬??


@椿さんの腹の筋肉!!!

 椿さんは刀みたいな身体してるけど

 特に腹筋がエグい割れ方してて良い…


@再起不能フラグおったつ

 カーンに負けた選手のほとんどが再起不能に成ってるそうです

 やめてくれよ(絶望)

 負けたら椿さんのラストマッチやん

 現状だとカーンvsリクじゃ盛り上がらないしな

 「椿を倒したカーン」なら盛り上がるけど

 それよりは素直に椿vsリクが見たいし

 その時は”リク”のセコンドに三原さんが居て欲しい 


@他の漫画 感想
 
 バトンの星   ハーレクインみたいな展開に成らなきゃ面白そう
 
 ティエンポ   サッカー興味ないけどすき

 しょうがないですね、先輩  面白い。連載して

2018年9月23日日曜日

西郷どん 第36回 感想

@あーつまんね

 信五が撃たれた瞬間ガッツポーズした視聴者は多かったと思います

 スパッと死んどけば面白かったのになー
 
 あそこでヒューマンでピースな演説する辺りがテレビっぽくていいですね


@よかったところ

 戦場の場面はよかった

 もうちょっと動きとか全体の俯瞰ショットとか欲しかったけどね


@実質的主人公慶喜

 今回も良かった

 敵前逃亡はヘタレだと思うけどそのおかげで大規模内戦に成らず済んだわけだし

 なら最初から恭順しとけって話だけども、色々あったんでしょうね(無知)

 ここで「くそオヤジ」入れたせいで、ますます慶喜が主人公っぽいつうか

 西郷どんの父親への愛エピソードって最近無いね

 いや、無くて良いんだけど


@勝☓よしキテル

 幕末物で一番好きなのは、勝が慶喜を嗜める描写なんです

 西郷どんでも、そこは期待してました

 今回は良かったです。

 ふきと慶喜との痴話喧嘩とは別でやってほしかったけどね

 勝海舟の普段は飄々としてるけど、やるときはやるぞ感が好き


@篤姫のためだけに見てる

 篤姫めっちゃきれいやな

 もう篤姫と勝海舟だけでいいよ(?)

 


@今日のアイカナ

 ウィリスが信五を手術しおわったら、しれっとアイカナに成ってれば面白かったのに

少女革命ウテナ 最終回  第39話 感想

@革命としてのウテナ

 革命された世界は、革命される前の世界とは断絶した関係にある

 革命を起こした存在が、その革命された世界から消えてしまうのは

 革命を起こした存在だけが、革命される前の世界と断絶していないから

 

 あるいは

 『悪い理事長に支配された世界』を倒した王子様がその世界に居続けると

 新しい『悪い理事長』的なものに成ってしまうから

 
 もしくは

 革命とは、何もかも革めることなのだから

 革命が起きたことすら自覚できない

 それを象徴的に表現するために、鳳学園からウテナは消えた


@学校という場所

 学校という舞台装置は、あのセカイはループしているという暗喩かな

 ウテナはそこから一抜けしてアンシーもその後を追う

 ループという心地よい夢から抜け出るには自己犠牲するしかない

 だったら心地良い夢のままでいいや(人間のクズ)

 やっぱりウテナの歳じゃあ、『プラネタリウム』の有り難みはわからいんだろうなぁ

 もっとも、『プラネタリウム』の滑稽さはわかっていたみたいですが


@今度は私が王子様

 恋人じゃなくて友達に成りたいEDなのかな

 百合、なんだろうけど。アンシーは最後まで好きになれない

 ウテナもアンシーのどこが良いんだろ

 二人にしかわからないセカイ。


@総評

 演出は想像以上にキレッキレで楽しかった

 バンクが思ったより多くて辛かった。

 総集編はセンスが良いまとめ方ですき

 ストーリーは、何でもかんでも幼少期の辛い思い出に収束するのが退屈

 90年代サブカルは心理学の時代だよね

 しばらくはウテナの考察とか読んで、改めて全体の考察を書いてみたいです。

 百合アニメとしておすすめできるポイントは

 樹璃と枝織の病みBLっぽい百合とか

 ウテナと若葉の友情百合がおすすめ

 ウテナとアンシーは最後まで萌えなかったな・・・

 ウテナと七実の関係性も結構萌えた

 ストレートな百合が見たいって人には向かないと思う

 むしろ、百合以前の90年代の『空気』が、すごく感じるので

 そういう視点で観れば面白いかも

 すごいアニメ。

少女革命ウテナ 第38話 感想

@この部屋よりも高い場所

 理事長室のプラネタリウムが決闘場だった・・・

 そこでは人の夢が幻視される

 つまり負けたデュエリストは最初から『負けたい』と思っていた…!?


@誰が頼んだよ

 暁生が王子様なの??

 暁生はアンシーが自己犠牲したのが許せない、のか?

 自分が「守られる」側に成ったのが許せない、のか?

 アンシーの救いは、暁生にとっては呪いだったのか

 人のために生きるのは難しいですね

 
@女の子と王子様

 暁生は誰かを守りたかった

 誰かを守ることでもう一度王子様に成ろうとした

 守り、守られる関係には我慢できなかった

 ウテナはアンシーと友達に成りたかった

 守り、守られる関係に成りたかった

 その違いなのかな

少女革命ウテナ 第37話 感想 神回

@神回

 こういう演出がすきなの


@小春日和

 アニメの終盤特有の多幸感回

 死後の世界かと思ったぜ

 樹璃もミッキーもどうした?

 ウテナの人間的魅力に惚れたとかそういう話?

 あるいは恋に恋するのをやめたという事??

 七実だけがイライラしてるのは

 七実が唯一、大人に成ったからなのか、あるいは七実だけがまだ子供なのか


@偶然だね(殺意)

 10年後問答の場面だいすき

 『主よ人の望みの喜びよ』がブツっと止まるのもかっこいい

 あそこの場面キレッキレです

 悲しい悲しい百合無理心中

 毒入れたってのはお互い嘘だってこと?

 何がリアルで何がフェイクかもうわけわかんねえよ(涙目)

 でも演出がかっこいいから全部許す()


@せっくすかー

 今回のドライブはもろにセックス描写

 暁生=王子様で確定なの?

 でもアンシーを苦しめてるのは世界の方だ、だなんて王子様は言わねえだろ


少女革命ウテナ 第36話 感想

@友情回

 西園寺は冬芽の前だといいヤツに成るの草


@現様

 ウテナが女の子に成っちゃったぁ!!

 「世界を革命する」ってそういう・・・

 樹璃先輩にはウテナはどう見えてたんですかね(ゲス顔)

 樹璃☓ウテナもいいなーって

 樹璃は枝織とどうなったんだよ


@成りたい、どうしても

 冬芽は暁生のナニに憧れてるのか

 サイドカーでの友情ドライブは笑った

 トレースしてるつもりでも微妙にグレードダウンしちゃうのが

 若さの良さなんだけど、冬芽の歳じゃあ、まだわからないわな

少女革命ウテナ 第35話 感想

@冬芽回

 正確には水着回みたいなものだよね


@ならなぜ脱ぐ

 やたらと男衆が脱ぐ回

 本音を現してることを視覚的に表現してるのかな?

 でも理事長は常に半裸みたいなものやしなー

 
@恋が海に居るなんて

 今回の影絵も面白かったねー

 なかなか釣れない魚を恋という

 冬芽もウテナが靡かないと知ってからハマっちゃってるし


@暁生の闇は深い

 暁生はウテナをメス落ち(王女)させたい模様

 なんで?王子は自分ひとりで十分だから??

 アンシーはウテナと暁生と王子様だったら誰が好きなんだよ

 アンシーとウテナの仲って進展してるようには見えない

 全部か0かみたいな関係性が多すぎる 


2018年9月22日土曜日

少女革命ウテナ 第34話 感想 神回

@影絵回

 あの影絵は劇団カシラという女学生二人組がやってたのか

 黒薔薇編の時の号外ちゃんも来て影絵オールスターはなんかテンソンあがるわ


@薔薇物語

 劇中劇で大胆に”解釈”を与えてくるのは賛否両論だとは思うけど僕は好きです(半ギレ)

 劇団カシラの薔薇物語と王子様が語る『薔薇の物語』が正反対な内容なのも続々する

 話は同じなんだけど解釈がね…


@お姫様に成れない女の子

 王子様の妹は、王子様のお姫様に成れない

 お姫様に成れない女の子は、魔女に成るしか無い

 魔女=薔薇の花嫁=アンシー

 王子様=暁生

 この解釈を植え付けてからの王子様による『薔薇の物語』で急転直下

 みんなの王子様に成る苦しみから王子様を救うために

 王子様を封印することにした女の子

 彼女はみんなからは『魔女』と呪われた

 王子様は世界の果てに成った(????)

 そして彼女の苦しみだけが残った

 薔薇の花嫁のビジュアルは鳥肌立った…


@セカイ系以前に与えられたセカイ系へのアンサー
 
 「君と僕」の関係性から始まる(そして終わる)セカイ系

 『薔薇の物語』が突きつけるのはセカイ系からはじき出されたモブ達の呪い

 その呪いが「君と僕」を呪い殺す話

 王子様は私だけのものだが、みんなのものだ

 この説明だと足りない


 「王子様は私だけのものだ」と信じている者は「みんな」として認める

 しかし「王子様は王子様のものだ」と気づいている者は「魔女」として呪う

 「王子様は私だけのものだ」と信じている者たちは王子様を取り合う

 そこで争われるのはモノとしての王子様であって

 王子様の気持ちなんか一切争われていない

 王子様は身も心も「みんな」のモノなのだ

 この「みんな」という枠組みを壊すのは「王子様は王子様のものだ」と気付いた者だけだ

 「魔女」は王子様を独り占めするから、憎まれるのではない

 「魔女」は「みんな」が信じている薔薇物語を壊すから危険なのだ

 共同体が共同しているのは、何らかの物語だ

 つまり「魔女」が壊すのは「みんな」自体なのだ

 王子様が獲られるのが恐ろしいのではない

 物語を獲られ、共同体を壊されるのが恐ろしいのだ

 つまり呪うときですら、「みんな」は王子様のことなど考えていない


  

少女革命ウテナ 第33話 感想

@総集編

 旅館回と情事


@火の玉ストレート

 外し編集かと思ったら直球の性交描写で、なんか気まずい

 「バラを届けたら抱かれた」ってフランスのことわざでありそう(無い)

 ウテナと疑似デートを楽しめる回でもあるけど

 僕は王子様してるウテナのほうが好きです(半ギレ)

 暁生、お前は本当に・・・


@永遠とは

 今のままが続くことが永遠、なんだろうか

 変化し続けるのも、また一つの永遠だよね

 ハイデガー先生によれば偉大さと永遠はなんの関わりも無い

 『偉大に始まったものは偉大に終わるのだ』


@奇跡とは

 暁生「奇跡は、毎日起きてるよ。気付いてないだけだよ」

 お 前 が 言 う な !!

 永遠と奇跡って対立するよね

 永遠だと思ったことが、そうじゃなかった。というのが奇跡なのでは?

 有りえないことが有り得た、それが奇跡

 つまり、「樹璃と枝織が結ばれない」という有り得た永遠が破れてはじめて

 「樹璃と枝織が結ばれる」というあり得ない奇跡が起きる

少女革命ウテナ 第32話 感想

@七実回
 
 地味に茎子回
 
 辛い回

 さすがに七実がかわいそうです

 ウテナ世界は『愛されてる』側がクソ野郎しかいないよな


@むしろ茎子☓七実

 冬芽のことが好きな二人ですけど

 この回のビンタの張り合い(一回)からのなんやかんやで百合ってほしい

 反旗を翻した手下を拳で再教育とかこいつすげえ男前だぜ

 茎子☓七実は可能性を感じる


@手料理

 アンシーの得意料理はかき氷ネタだいすき

少女革命ウテナ 第31話 感想

@七実回

 なんだけど悲しい話です


@兄と妹と

 暁生とアンシー  と 冬芽と七実

 肉体関係が無いだけでどっちの組み合わせも妹がかわいそう

 いや、暁生とアンシーの方は一切の愛を感じないのはなぜだろう
 
 冬芽は七実をどう思ってるんだろう

 形だけでも愛してる、ようには見えないし

 七実がアンシーを嫌うのは

 アンシーが、形だけでも暁生から愛されてるように見えるからでは?


@止まってんなあ
 
 今回は止め絵が多かった

 いや、いいんだけどね

少女革命ウテナ 第30話 感想

@暁生回

 かつシンデレラ回で久々にカナエさん登場

 暁生はカナエの母親にまで手ェ出してて

 おお・・・もう・・・


@チョロイン

 ウテナ惚れっぽすぎ問題
 
 お前の王子様愛ガバガバじゃねえか

 逆に若葉はどんだけ暁生ラブしても空しく聞こえる謎

 部屋に西園寺の等身大のナニか置いてそう未だに

 

@(みんなの)私だけの王子様

 暁生が手をつけてないのはチュチュぐらいじゃないの?

 冬芽との関係もあやC

 ウテナ評の感じも穴兄弟感想文みたいできめえ


@靴を脱がす

 つまり逆シンデレラ状態

 姫からモブへの突き落とし

 それを受け入れれば暁生の(おそらくは)愛が手に入る

 姫をモブに突き落とす男が王子様とは思えないんだけどな

少女革命ウテナ 第29話 感想  神回

@悲しい愛の話

 愛なんてすべて悲しいのかもしれないが。

 途中までは

 「瑠果は悪いやつ!百合の敵ぃいいい!!」と怒り狂ってたんですが

 最後の最後で掌変えさせてください…

 瑠果兄貴は誰よりも熱い百合男子でした

 命よりも大事なCPと出会えた彼は幸せだったと思います。

 「愛を叶えたい」ではなくて「解放したい」な辺りが考えさせられる

 樹璃の幸せはどっちなんだろ

 『好きな人の好きな人を私も好きにはなれません』(反広告社)

 
@合わない

 奇跡を信じない樹璃。だけど本当に信じていないのは未来のこと

 樹璃と枝織の未来を信じていない

 意識と目線が、ずっと過去に縛られている。

 瑠果はそこから解放したかったんだろうけど

 『そこから』を基点に自分の人生を生きている樹璃からしたら

 余計なお世話かもね

 それが愛だとしても

2018年9月20日木曜日

リクドウ 第208話 『チャンピオン』 感想  そして『夜明け後の静』 となりのヤングジャンプへ

@三原さん

 武道館という「バカでけェ舞台に椿さんが立つ」ことに泣いて喜ぶ三原

 ええやつやほんまに

 三原は椿さんが王者に成ったら現役復帰するみたい

 まじで三原vsリクありそうだし

 そこで三原死にそうですごく不安


@カーンやばそう

 オーラや体格が半端ない

 太ももの太さがトップクラスじゃないかな

 そして美しい家族愛

 清い

 迷子を助けたリクとは因縁が生まれそう


@夜明け後の静
 
 となりのヤングジャンプに移籍!!
 
 かなしいよ俺は…

 しかも竿役が投入されるみたいで

 男はいらねえんだよ!!!百合天国が読みたかったの!!!

 

@他の漫画 感想

 キングダム フィゴ族の王をすこれ

 ティエンポ  BLの王道を征く模様

 スナックバス江 タツ兄が出ると安心する

2018年9月19日水曜日

少女革命ウテナ 第28話 感想

@枝織とかいう尻ガール

 樹璃先輩はなぜ枝織を好きになったのか

 最後までもやもやしそう

 今の所、枝織の好感度だだ下がりなんですがそれは

 「好き」って気持ちは当人にしかわからない(姫宮アンシー)

 って次回予告でも言ってるからなーお前が言うなって思ったけど


@樹璃とかいう苦しガール

 今回も受け受けしいね(ゲス顔)

 樹璃☓枝織は百合というか病みBLっぽいんだけどお前どう?

 愛欲衝動と破壊衝動は比例するとフロイトおじさんも言ってたし

 樹璃が枝織を”ゆるした”時が愛の終わりよ

 その逆もまた真なり(枝織が樹璃をゆるした場合も)


@百合姫以前

 次回予告のウテナの「女の子が女の子を好きってどういうこと??」

 時代を感じるンゴねえ…

 今だと当たり前過ぎて隔世の感ある

 樹璃と枝織は百合みを感じないんだよなー

 なんでやろ
 

2018年9月18日火曜日

少女革命ウテナ 第27話 感想

@めいさく

 七実回にハズレ無し!!


@おにいさま

 冬芽は卵を妊娠とどストレートに勘違い

 七実に同性愛はいかんぞと釘を刺すけど

 てめえは暁生さんと夢芝居してるくせによー


@卵から生まれたのは

 チュチュってこと?

 アンシーの『生まれ変わり』の夜伽噺から考えると

 あのチュチュは2代目かな

 なんかアンシー暗かったし


@今日の西園寺

 月夜だからキャンプするメルヘン野郎

 食事も目玉焼きとは粋だね

 

2018年9月17日月曜日

少女革命ウテナ 第26話 感想

@象徴なんだ

 ミッキーの義母は姫宮??

 というか離婚の原因が姫宮?

 アンシーは不幸の象徴として描いてるのかな

 あの場面は怖かった


@冬芽の小物化が止まらないと話題に

 どうした冬芽…

 暁生の小間使いでええんか…

 暁生さんも冬芽の何が気に入ったんですかね

 KARADA?


@タッグマッチ

 今後は決闘はタッグマッチみたいに成るのかな

 樹璃先輩のときは枝織ちゃんが来そう

 冬芽のときは西園寺とか?

 七実なら石蕗かな

青のフラッグ 第35話 感想

@特になし

 これはいけない

 太一☓双葉に興味無いのがバレるので無理やり感想を書こうと思います


@とりあえずな感想

 男の子が好きな子をはじめて家に呼んだ話としては

 初々しくて面白いし

 コマ割りが普段より多く

 太一の部屋っていう閉じたシチュエーションも

 やや面白い

 双葉の植物への関わり方への悩みは

 恋愛への関わり方の暗喩としてちゃんと機能してる

 『好きだからこそ やめるべきかな』


@前振りための前振り

 双葉は自分を変えたいだけで本当は太一のことが好きじゃない

 という話になりそうで不安

 それでええんか…?

 かといって太一とトーマが結ばれる未来が、いまいち見えてこない 

 怒涛の回想によるフォローとかあっても萎える


 マミ編が引き伸ばしのためだけではないなら

 恋愛以外の関係性というものを、あの四人が築いて最終回になるのかな?

 うーん


@全て遠い日の花火だと

 夏祭りで終わってれば名作だったという風潮


2018年9月16日日曜日

西郷どん 第35回 感想

@なにこれ

 面白くもなければスッキリもしない

 45分がこれほど長いとは


@原因1 西郷のキャラ変というかキャラが変

 西郷急に黒くなりすぎ

 『民のためじゃあ』おじさんはどこいったのよ

 慶喜が、薩摩をフランスに売りそうだから焦ってるの??

 ここらへんは掘り下げて良いところじゃない?島でのやったやらないよりは


@原因2 演技の不調和

 鶴瓶と錦戸が出てくると萎えるんだよおお

 演技力とかどうでもいいけど、この二人が浮いてるんだよなんか!

 板倉役の人もなんかムカつく(流れ弾)


@原因3 共感の無い世界で

 西郷の考えに理解を示す人がいれば

 その人が”通訳”に成って視聴者にも西郷の考えが伝わると思う

 大久保がその役目をやると思ったけど

 最近は”二人の世界”に浸りっきりで

 視聴者は置いてけぼりなのです


@原因4 敵の不在からくるテーマの消滅

 慶喜を倒すってのがクライマックスにしたいなら

 慶喜はもっと悪く描けよ!

 なんか『西郷どん』の慶喜は可哀想なヤツでしかないぞ?

 嫌々トップに立って、逸る部下を押さえつけて

 朝敵にだけは成らないように、だけど徳川家も守れるように苦悩する

 あれ?主人公かな


@今日のアイカナ

 近江屋で龍馬の代わりに切られてれば面白かったのに


@ダイナシティ

 ここまで盛り上がらない近江屋事件は無いと思う

 見せ方と脚本が悪いー

 

リクドウ 第207話 『命令』 感想  純愛回

@愛だよ

 感情を出せない椿さんと感情ダダ漏れの三原のお話

 良い

 三原は椿さんに成りたいんだけど、椿さんは三原には「俺みたい」に成ってほしくない

 だからいつも距離を置いていたのかも

 三原の存在が椿さんの感情を常に揺さぶってきて

 乱されないことが強さだと信じる椿さんにはそれがウザかったのだろう

 そうやって意識してしまう時点で

 三原は、椿さんにとって特別だった

 愛だね(強引)

 椿☓三原キテル


@脱力のトリガー

 椿さんが脱力開眼したのは三原の愛のおかげなのか

 つまり自分のために殴ってるうちは力むけど

 誰かのためだと思えば脱力できる???

 リクドウ世界は「脱力」出来るかどうかが

 ワンピースにおける「覇気」のようなキャラの格付けとして機能しそう

 
@椿さんが笑う時

 いつなんだろうねー

 世界王者になったら笑うかなー

 やっぱり三原との初めてかなー

 気になる(ゲス)


@他の漫画 感想

 AKECHI 絵柄が奥浩哉っぽい。明智オマージュなら『何者』は絶対にやれ

 その男、ウィルスン  すげえ良かった。連載して欲しい

 夜明け後の静  ど真ん中の百合。側に居ろとはあえて言わない武家の姫。

2018年9月15日土曜日

少女革命ウテナ 第25話 感想

@暁生、てめえ

 ウテナを棺から出したのは暁生??

 世界の果ても暁生???

 たまに逆さまの城から降ってくる王子様は別人だよね?
 
 理事長タワーの地下に居るであろう王子様は何者なの??

 謎は深まるばかりぃ


@暁生ドライブ

 なんかセックスの隠喩みたいなドライブ

 卑近な理解をすれば悪い先輩との初めてのドライブはまあ刺激的かもしれない 

 まして中学生なら

 暁生さんのボンネット乗りはすげーっす


@閉じていく百合と咲き誇る薔薇

 「友だちになりたい」byウテナ 百合と

 「友達にしてやった」by冬芽  薔薇

 途上しての百合と下降としての薔薇

 当事者どうしの睦としての百合と

 悪い大人を介しての薔薇

 うーん、耽美だw



@ED変わる

 『truth』の方が好きです

2018年9月12日水曜日

少女革命ウテナ 第24話 感想

@七実様秘密日記

 このタイトルで総集編だと思うかよw

 七実回で大当たり回

 かなり手が込んでるよ、いざ作ると面倒な構成

 面白い


@石蕗くんから見た『少女革命ウテナ』

 石蕗くんにとってこの宇宙の主人公は七実様

 七実様を支点にした『少女革命ウテナ』な回

 カレー回はやっぱり神

 
@誰の眼で見るか

 石蕗くんの目線で見るとすげえコミカルな学園アニメになるから不思議

 根室教授にはこの学園がどう見えたのだろうか

 いろんなキャラ視点での総集編が見たい?見たくない?

2018年9月11日火曜日

少女革命ウテナ 第23話 感想

@歯車はいつから狂っていたのか

 根室教授が思ってたより狂ってた件

 怖い

 思い出にしがみついてはいけない(戒め)

 思い出はいずれ現実を蝕む


@姫宮一族を許すな!

 馬宮=アンシー という絶句展開

 まじか


 根室教授にはアンシーが馬宮に見えてたのか

 アンシーに似てるなぁとは思ったけど

 「最近、やたら眠い」も伏線だったとは


@ウテナにげろ

 もうアンシー絶対にヤバイやつじゃん

 

2018年9月9日日曜日

西郷どん 第34回 感想

@展開が雑ゥー

 テンポが良い≠展開が雑

 島で乳繰り合ってる場合じゃなかったろこのドラマ

 慶喜の根回しシーンももうちょっと見せ方考えろよー

 「後ろに手紙あるでー」って  


@もう期待できない

 なんか西郷が戦の鬼になる!って煽ってるけど

 全然期待できねえ

 どうせ「民のじゃあ」どーん!!で戦、なしw でしょ?

 もう…いいから…


 予告の時点でああだこうだいうのもあれだけど
 
 西郷の弟は、あの場で『戦の鬼じゃあ』とか喚くなら最初から来るなよ 


@主人公

 坂本龍馬のほうが主人公に見える回だった

 脚本が悪い。絶対に悪い

 西郷が活躍する場面が少なすぎる
 


@今日のアイカナ

 四侯会議のフォトグラフを現像したらしれっとアイカナが混ざっていたら

 面白かったのに



少女革命ウテナ 第22話 感想

@オサレ回

 すき

 エヴァのゲンドウの回想回思い出した


@比喩、なのか

 学園に居ると歳を取らないらしい

 ??????

 文字通りの意味なのか(困惑)


@アレとは

 根室教授が研究していた『アレ』とはなんなのか

 医学とは関係ないもの

 永遠が手に入る、かもしれないもの

 わからn


@し、しんでる

 謎の褐色ショタ馬宮は死んでいた!?

 ええ?お化け??

 そんな落ち?

 根室教授=御影先輩なのも衝撃だったけど

 ちょっとどういうこと?どういうこと??


少女革命ウテナ 第21話 感想

@誰のことかな?(すっとぼけ)

 「好きな人のためなら、いくらでも自分をごまかせる」

 アンシーは暁生のことが好き

 暁生はアンシーとウテナに仲良くなってほしい

 だからアンシーはウテナと一緒にいる

 好きでもないのに。ってことか??

 驚きなのは暁生が百合厨だったこと(違う)


@茎子さん

 冬芽が好き、というより

 みんなが好きな冬芽が好き、なんだろう

 恋に恋する乙女

 自分の感情を誤魔化して七実とつるんでるわけではなくて

 まだ自分の感情に焦点が向かないのだと思う

 わかいねー


@七実の闇

 パーチーに呼んだ時点でウテナに敗北宣言出してるような気がする

 色々壊れてきたような

 あるいは治ってきたのかな

 フラフラしていたお兄様が引きこもりとはいえ籠の中に落ち着いたことで

 夢から醒めたのかな

 わかいねー

2018年9月8日土曜日

少女革命ウテナ 第20話 感想

@百合回と言っていい

 若葉回、そして百合回

 女子の友情は最高やな

 ディオスの剣を抜かずに無刀取りで立ち向かうのも愛を感じる

 姫宮よ、これが友情の力だ

@死ね

 西園寺とかいう小物畜生ほんとひで

 でも西園寺を貶めるほどに若葉にもダメージが行く鬼畜使用

 ひどいよこれ

 プレゼントを郵送で済まそうとするあたりがなんかもうほんとひで

 未だに姫宮のこと好きなのも小物ポイント高いね

 二人で氏ね


@特別

 数ある中から『選ばれた』という多幸感

 それが被害者としての選択でも、『選ばれた』という特別感

 私だけの幸福にこだわる人は

 『なんで私だけ?』という不幸もしょいこむというお話

 凡人はそれでも特別が欲しいんだよ

少女革命ウテナ 第19話 感想

@ハズレ無し

 若葉回にハズレ無し!!

 展開も容赦なし!

 やっぱりウテナは最高やな(笑顔)


@それでも私の王子様

 その人の王子様はその人にしか、わからない

 そしてその王子様が相応しいとは限らない

 王子様と一緒になって幸せだとはわからない

 若葉の王子様はウテナかな?玉ねぎ王子かな?

 と思わせといての絶望のオチ

 容赦ねえな(涙)

 やめろ・・・その王子様はやめろ・・・


@百合、じゃないやつだこれ

 ウテナってイメージ的に百合モノと思ってたけど

 なんか全然百合に優しくない世界でナキソ

 最終回まで観れば百合大勝利かもしれないけど

 けっこう、百合男子的にはきついぜ。




@オヌヌメ参考文献
 

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか
二村ヒトシ(著)


人は自分の心の穴を『恋人』で埋めようとする

という観点で恋愛を論じた本

読み始めですけど、非常に面白いれす

『少女革命ウテナ』の登場人物たちが尽く

『「愛してくれない人」を好きになる』人たちだよね

自分が嫌いでしょうがないから、自分のことを『愛してくれる人』を避けてしまう

むしろ、『愛してくれない人』を求める

必要なのは恋愛じゃなくて自己受容というストレートな本

恋愛を物象化論的に論じてる本なので廣松渉好きにもおすすめです!!

たぶん!


2018年9月7日金曜日

リクドウ 第206話 『古巣』 感想  あと「夜明け後の静」が終わりそうで悲しい!!

@嬉しくないエロ

 久々のデリヘル要素

 たるんだBBAと小汚いオッサンのねっとりSEX

 拷問かな?


@戦車

 松原先生の描く戦車はこう怖い感じがしてイイネ

 遊びがないというか

 いや戦車には詳しくないので偉そうなことは言えないけど

 
@まじか、少年誌

 才能が有るんだけどどこか危なっかしい先輩
 
 と
 
 陽キャ!健気!努力!ワンコ!!な後輩

 これは、もしかしたらもしかするかも知れませんよ

 馬場ァが危惧してるのは

 三原が帰ってこないことでは無くて

 ”間違い”が起こることでは?

 椿は三原の嫁に成る???(絶対に成らない)


@夜明け後の静

 咲ちゃんなんてキャラいたの??

 それよりも茅が寿退学とかこれマジ??

 嘘だよね!?うそだよねえ?!!

 やだ!!小生茅☓静じゃなきゃやだ!!

 せっかくの優良百合漫画だったのに!!

 なんで?なんで俺が気に入った漫画は消えてなく成るん??

 腕枕を嫁道具にして茅は遠くに行ったのだ(´;ω;`)

 そんな・・・こんな悲しい展開が・・・待っていたなんて

 俺は・・・


@他の漫画 感想

 ティエンポ  理屈っぽい漫画は好き

 ドロ刑    尽くホモっぽいのはなぜなんだぜ?

 スナックバス江  プレステがレトロゲー扱いに義憤 わかる

2018年9月5日水曜日

少女革命ウテナ 第18話 感想

@石蕗回

 すげえ好き

 雨の話は基本名作

 ずっと雨が降っていた世界が最後に晴れるのも王道で好き


@大人になるということ

 経験を積むことが大人ではなく、経験を積んだ大人を倒したものが大人になる

 そう石蕗は信じた

 だが実際は

 経験を積んだ大人に倒されたものが大人になる

 負けを知って初めて大人になる


@生徒会さん・・・・w

 御影ゼミナールへの警戒心〇すぎ

 いやいいけどさぁ

 

2018年9月4日火曜日

少女革命ウテナ 第17話 感想

@睦月ちゃん!!

 枝織が学園に帰ってきた!

 樹璃先輩のメンタルはもうぼろぼろ・・・

 姫宮がなんか嬉しそうで怖い

 ペンダント拾ったのアンシーだろ絶対


@とげ

 百合なんだけど苦い百合

 いや、百合じゃないかも

 強い樹璃が”弱くなれる”たった一つの存在それが枝織

 最初から樹璃は受け受けしいとも読めるけど

 樹璃が枝織を好いた理由がいまいちわからないね


@影絵

 なんか黒薔薇編?になってから影絵の質落ちてるよね

2018年9月3日月曜日

少女革命ウテナ 第16話 感想

@若干すべったな

 うーん。ハズレ回

 七実回だけどハズレ回

 ブランド志向を腐すのがすげえ90年代ぽい


@深淵を見つめるものは

 『踊らされている』人を笑う人たちもまた

 『踊らされている』人に踊らされている

 カウベルの何たるかを知らなかった七実

 そして七実の何たるかを知らないウテナ達

 七実の心(頭?)が空っぽになったのは冬芽が引きこもりになったから

 カウベルは、むしろ結果でしか無い


@怖い!姫宮がこわい!!

 ペット(牛)にナナミと名付けるセンスが怖い!

 どういう性格視点だよおめえ

 きめえよ


西郷どん 第33回 感想

@帰りたくない

 西郷家って吉之助のオンナ絡みの話題しか盛り上がらなくて草ァ!
  
 そりゃ吉之助も雨漏りほっとくわ

 帰りたくない家


@セイン・カミュ

 久しぶりに見た

 日曜日に彼を見たのは何年ぶりだろうか

 (からくりTVを見てた頃に)もどして


@糸さぁ・・・

 糸暗いんだよ!

 出てくるだけで暗くなる

 アイカナの話題も寝る前に出すなよ!


@今日のアイカナ

 パークスが「ノーアイカナ」とか言ってくれれば面白かったのに

2018年9月1日土曜日

リクドウ 第205話 『普通の人間』 感想

@聞いちゃあいねえ

 リクと所沢さんは『特別な関係』なのではと勘ぐる兵藤会長

 するどい(畏怖)

 リクのタイトルマッチ観てないのも所沢さんらしいね

 やっぱリクのトレーナーに成るのかな


@カーン

 カーン普通にいいヤツそう

 善良な強い人ってなんか新鮮

 影も無いし

 陽キャvs陰キャみたいな試合になりそう(失礼)


@脱力を巡る戦い

 会長はリクが見せた『脱力』の秘訣を知りたかった????

 これは巡り巡って楓に直に聞きに行く可能性も微レ存

 フレディ呼びつけてボラード習得

 それだけで終わりとは思えない


@他の漫画 感想

 キングダム  犬戎王ロゾの自信はどこから来るのか

 レティズ パスタ マジア これすき 面白かった 

 隣の悪女  ヤンジャン連載漫画全部百合説

少女革命ウテナ 第15話 感想

@バンダイチャンネル

 『少女革命ウテナ』はバンダイチャンネルで視聴してます

 『少女革命ウテナ』の見放題期間が2018年9月30日なのです

 急を要する

 最低でも1日1話


@で、感想ね

 ミッキー回そんな好きじゃない

 ミッキーがツンデレ妹より姫宮を好きになる意味がわからない

 いや、ミッキーもツンデレだからなんだろうけど

 姫宮ほんと嫌いになってきた


@動いてるようで動いてない

 好きの反対は無関心という回

 そうかな??
 
 ミッキーは梢に無関心

 それが梢は面白くない

 でも姫宮だってミッキーに無関心

 きっとそれがミッキーには面白い

 無関心と好きは紙一重よ


@さいやく

 『ちゅーちゅーも好きですよ^^』

 これ以上に下卑た伏線回収は無い

 反吐が出るう


2018年8月29日水曜日

青のフラッグ 第34話 感想

@残酷な現実

 トーマからもらったお守りを太一は落とす

 落としたことにも気づかずに

 太一がお守りを落としたことに双葉は気づく

 トーマの気持ちには気づかずに
 

 うーん、残酷w

 なんで?なんで世界はこんなにもトーマに残酷なの??

 太一はトーマから貰うモノ(あらゆる意味で)には無頓着

 なーにが『落とさねぇように気ぃつけて』だよw

 落としてんだよ色々と!!お前は!!!

 お守りも!想いも!!愛も!!!!

 落としてんだよお前は!!!

 
 ここまで落とされるとトーマ大勝利が逆にありそう


@お守りの中身

 トーマは何を入れたんですかね・・・

 最終回で明らかになりそう


@まだひっぱるのか

 マミのハナシまだ引っ張るのかよ

 もうええわ

 ケンスケの『マミの顔が好き』って別に悪くないよね?

 これ例えばマミがブスだったら『顔が好き』って言葉の響き変わるじゃん


 お金持ちのどこが好きと聞かれて『金が好き』と答えてなにが悪いんでしょうか

 心がキレイな人のどこが好きと聞かれて『心が好き』と答えるのと何が違うのか

 そもそも、人の『好き』という気持ちを断罪する権利はあるのか???

 マミ絡みの話は色々とガバガバすぎ

 最後のケンスケの絶叫でマミはちょっと絆され気味で

 『顔が好き』=『才能が好き』とフォローしてっけど

 なんかさーちがうだろー


@とーまあああああああああああ

 トーマ懇親の仏の笑顔が泣ける

 やめーや

 トーマ一人だけが悟ってる『青のフラッグ』の世界

 ゲームを降りているとも言えるが


 そのトーマを惚れた腫れたゲームに引きずり降ろせるのは太一だけ

 だけど太一が引きずり降ろしたいのは双葉だけ

 あー切ねえ

 真澄ちゃん絡んでこないけど

 ここに彼女も来るんだよ!!やべえよ1!!!


@提案

 みんなで恋愛以外をしたほうがいいだろ

 縄跳びとか  


2018年8月26日日曜日

西郷どん 第32回 感想

@器

 なんかみんな器がちっちゃく見える

 武士の意地を描きたかったのだろうけど大失敗だろこの回

 女々しいんだよサムライが!!

 決まるまではどんだけウジウジしても会ったらスパッとやれよ

 会談の場所まで来てウジるなよ!!


@つるべ

 岩倉具視に思い入れが無いので誰が演じてもどうでもいいけど

 なんで鶴瓶にしたのか謎

 なんか萎える


@西郷なんかしたか???

 今回も大久保しか仕事してない件

 西郷はエゲレスからの写真が無かったら死んでたぞ

 『下関に行けばよかったーあー行けば良かったー』とか言ってる暇が有るなら

 なんか対策考えろよー

 もう一生島に行ってろよ


@今日のアイカナ

 エゲレスからの集合写真にしれっと混ざってたら面白かったのに


@おまたせ

 来週もラブコメやるみたいで今から吐いてます

 島編が悪いと思ったけど普段からつまらなかったね


2018年8月25日土曜日

リクドウ 第204話 『必要なもの』 感想

@水よりも濃い

 あの空気で股間握るあたりさすが楓のパパだは

 いや、あの空気だから握ったのか

 でも所沢さんの股間握れるのはパパぐらいだよね

 リクがやると洒落にならないし


@v系

 左目縫合リクかっこいい!!

 v系バンドマンは即刻真似するよーに

 (最近はjilukaが好き)

@スタンド・バイ・ミー(届かぬ思い)

 所沢さんをトレーナーとして引き入れたい兵藤ジム

 これは椿+所沢さんvsリク+三原???

 うーん・・・

 リク的には椿☓三原みたいで俺と同じだぁ

 椿のデレがついに来るのか


@他の漫画 感想

 夜明け後の静  終わるかと思っただろうが!

 TIEMPO          テンプレ展開で安心!こういうので良いんだよこういうので

 いばらめぐる春  百合を舐めすぎ

2018年8月19日日曜日

西郷どん 第31回 感想

@悔しいけど良い

 小栗旬は嫌いなんだけど好き。

 彼を知ったのは『イケパラ』なんだけど(永遠の新規)

 俺は中津派だったので佐野は大嫌いでした

 ついには佐野を演じる小栗まで嫌いになってました(バカ)

 小栗旬はいい俳優だね(上から)

 坂本龍馬のなんていうか『塗れてる感』がよく出てる

 世故に長けた感じがね、出てるね


@ファッション貧乏

 西郷家の雨漏りは直そうと思えば直せた件

 西郷家の奴らはファッション雨漏りだった…!?

 『清貧なアタシ達』に酔っていた???


@今日のアイカナ

 岩倉が書いた手紙の中にしれっと『アイカナ』宛のが混じってたら面白かったのに


@今日の正妻
  
 『天が味方しないときは、おいが味方になってやる』

 プロポーズかな?

 もうマジで大勝利ヒロイン爆進中で草

 本当に辛い時に側で支えてやる大久保はヒロインの鑑

  

2018年8月11日土曜日

リクドウ 第203話 『本命』 感想

@黒マスク

 椿さん黒マスクラーなんだ///

 厨ニ感あってすこすこ


@メスイキ爺ふたたび

 フレディと水ピーのプラトニックコンビが再登場

 なつかC

 ブログ見返したらもう2年も前なんですね(愕然)

 水pとリクの再戦はありそうで無さそう

 
@所沢さん

 所沢さんはどこでもスーツなんだ

 兵藤親父と所沢さんの爛れた関係についに決着がつきそうなのか??

 おっさんが古傷を感じ合うのエモい


@それぞれの本命

 椿はリクが

 水pもリクが

 キングフレディは馬場ァが

 兵藤(父)は所沢さんが

 所沢さんは…

 だれなんだろ


@夜明け後の静 

 すばらしかった

 茅×静の主従最高 最高の主従は茅×静

 溺れた茅を抱える静がマジ王子様

 茅のサイレント自害阻止アタックも大好き

 百合は武家の誉


@他の漫画 感想

 ティエンポ タイトルといい内容と良い狙いすぎだろ

 花待ついばら 当初とは違う流れになった気がする

 ドロ刑    『最後の一個』はそっちに渡すのか、あっ(察し)ふーん 

 

2018年8月5日日曜日

西郷どん 第29回 感想

@セッポウ

 セッポウさぁとかいう押しかけ女房

 セッポウ「わしを嫁にしろ」

 NHKップさぁ。。これをBLだとでも思ってるのかい??


@久武とかいう腐男子

 久武「もしかしておはんら…」

 察するなよw

 これは面白かったからもっとやれ

 西郷どんと大久保の仲を久武がどんどん勘違いする展開やれ


@こっちを推せ

 桜庭ななみが本当にかわいい

 癒やし。天使

 彼女が居るから薩摩パートも、まだ許せる


@手癖

 西郷は話に詰まると、うなぎ取りはじめるよな

 そういうところだぞ

 
@今日のアイカナ

 西郷どんがうなぎ取りしてる最中に

 しれっとアイカナが川上から流れてきたら面白かったのに

2018年8月2日木曜日

リクドウ 第202話 『家族の時間』 感想

@リクは魚が嫌い

 かわいい


@苗代勝っちゃう!!このままじゃ勝っちゃう

 母親の側にいたのは好印象だった模様

 ずるいぞ苗代!!楓の気持ちも考えろ!!(楓厨)

 でも苗代は本当にいい娘。まじでいい娘

 リクは早く抱いてやれよ!

@新章

 今後の展開が気になる

 肉親との確執は物理的に消滅したわけだから

 これからはボクシング一本になるのかな
 
 苗代のリクへの思いは覚悟完了してるし

 リクの周りに不穏要素は無い、ね

 馬場ァがジム畳そうで心配

 そしたら土井っちょは??

 楓も引退しそうで嫌だなぁー

 所沢さんの世界一周ケンカ旅も気になりますね


@サキドル

 リンコスターがすこ

@他の漫画 感想

 花待ついばらめぐる春  取って付けたような百合展開

 れいやちゃんはコスるッ! これ男女逆にしたら面白そう

 隣の悪女     島袋ホモ説爆誕

2018年8月1日水曜日

青のフラッグ 第33話 感想

@虻蜂取らず

 「異性だからって好きになるな」というマミ編はこの漫画を瓦解させる

 だってこれ「同性だからって好きになるな」と表裏一体だから

 「性別なんて関係ない」とメッセージ連ねるほど

 『青のフラッグ』自体のテーマが瓦解していく

 愛情と友情の違いと異性愛と同性愛の違いは全然違うテーマだと思います

 なんかマミ編になってからガバガバになってきたな


@マミは犠牲になったのだ

 『最初からマミはトーマと友達に成りたかった』のほうが絶対スッキリしたのに

 フラれた設定と恋人に成る未練が有る現状はホント蛇足

 これじゃあ真澄ちゃんに誤解されてもしゃーない

 ほんともったいない


@他にすること無いのか

 恋愛脳の滑稽さ+残酷さを描くのが『青のフラッグ』の魅力の一つだと思う

 でも恋愛脳の滑稽さ+残酷さを描けば描くほど

 コイツら他にすることないのかって冷めてくる

 ここらへんむずかしいよね(作者気取り)

 だからトーマのやきう部はかなり癒やしパートに成り得たのに残念

 この漫画の主要人物たちの部活描写が無いのも息苦しさに貢献してる

 いや部活じゃなくてもいいんだけど恋愛以外にもなんかしろよ

 この視野の狭さが若さだっていえばそうだけど

 それに気づくのは若くない読者だけやで


@名探偵シンゴ編はじまる

 シンゴがトーマの秘密に迫る!!ってことで33話は終わり

 まったく、そそられない引き

 だってシンゴがトーマのセクシャリティ知ったところで

 何も変わらないじゃん!!きっとシンゴは今までどおりトーマと友達だし

 これでシンゴがトーマの”恋愛”応援するぜ!とか成ったら最悪だな

 あんだけ馬鹿にしてた恋愛脳に逆戻りやん

 本当にシンゴが友達思いなキャラなら、トーマのそこらへんには突っ込まないだろ

 何でも話すのが友達とかキツイわ~

 シンゴタイプの人間て友達じゃなくて親に成りたがってんだよな

 もしくは医者

 ”お前は間違っている”から始まる人間関係タイプ

 でも人として間違っている部分こそがその人の一番の魅力だったりするから

 ここらへんむずかしいよね(上から目線)

  
@哀しいぐらいに失速

 31話で大騒ぎしてた頃にもどして

西郷どん 第28回 感想

@ふき「だれがわるいの?(´;ω;`)」

 西郷どん「みんなじゃ」

 うーん・・・

 一応、自分も悪いと認めてるけど

 この島帰りバカは当事者意識が無いよね

 あそこは「俺が悪い」って器のデカさ見してくれよ


 しれっと「朝廷も悪い」とか言い出して

 NHKプライドを感じますね

 つぶれろ


@一橋こわれる

 どんどん馬鹿に成る慶喜

 色んな人に裏切られたからって設定(言い訳)なんでしょうけど

 面白くないです

 彼なりのビジョンを見せてほしいです

 倒すための悪役に堕している


@勝海舟

 んんんかっっこいいいい!!!!

 もう勝と竜馬の掛け合いだけ見ていたい

 ハリセンボンとか薩摩でのブス嫁ラブコメとかいいから・・・

 もう勝と竜馬だけでいいから


@家老は人間じゃねえ

 西郷「生きたいと思う人の集まりが国」

 ひえ~(笑)

 詰め腹切らされた長州の3家老も「生きたい」と思ってたはずなのに

 家老は人じゃねえと、そうですかそうですか

@決別

 慶喜との決別は若干滑ったな
 
 もうちょっと見せ方無かったのかな

 慶喜相手にはあそこまでやるのに

 国父相手にはアヘアヘ土下座なのがかっこいよね、うん、かっこいい


@今日のアイカナ

 岩国城に連れてきた看病した長州兵の中に

 アイカナが混じっていたら面白いのに


2018年7月28日土曜日

『最高は俺のアヤカ 俺のアヤカは最高』 感想


『最高は俺のアヤカ 俺のアヤカは最高』
 

@みんななんだかんだ言ってバカップル好きでしょ?

 タッくんとアヤカちゃんのバカップルを愛でる楽しい漫画

 タッくんは真っ直ぐで男らしい好青年

 アヤカちゃんは育ちの良さがにじみ出る優しい女の子

 この二人が”下心無しに”(重要)いちゃつく漫画

 ひたすらにいちゃつく漫画

 読んでると優しい気持ちに成ってきます


@描き方一つ

 地方都市を舞台にした漫画なんです

 邦画なら『衰退する地方都市』からの政権批判とか繰り出しそうな設定

 作者がそういうモノを描く気がないから当然だけど

 出てくる地方都市のギミックに悲壮感が無いのが好印象

 


 タッくんとアヤカも満たされていてほっこりする

 幸せに感染力が有るとしたら

 それは幸せな人を見ること自体が幸せなことだからだろう

 なにかに飢えている人は、本人が飢えているというより

 周りの人達が飢えているのではないだろうか

 不幸な人を見ることはそれ自体が不幸なことなのだろう

 なんて書くとしょうもない社会批評みたいで糞だよ糞ハハハハ

 
 すべてのバカップルが

 もっともっとイチャイチャすれば世界はハッピーになるかもしれない

 アヤカちゃんの名言を引用してこの記事をお終いにします


 『おいしいものって不思議なの』

 『いつも気づいたらなくなってるの』


リクドウ 第201話 『覚悟』 感想

@三原さん!!!

 『俺は幸せものだぜ』

 『元兵藤ジム生として勝者と敗者 二人の選手を誇れんだからな!』

 兄貴!!兄貴だよ!!

 三原はいいキャラですね

 三原はアポロンでした


@ノー!ノーカクゴ!!

 楓引退しそう・・・

 つらい・・・

 セコンドとしてリクの側に!!って展開も無さそう

 最後が拳を舐めるってのもゆるいぞ!!お前の愛はそんなもんじゃねえだろ

 アレはまだリクへの拳に未練があるということかもね(希望)

 ならボクシングは辞めないよね??ねえ??

 楓はリングに戻ってこおおおおおおい

 ほんとう、たのむから、


@正妻の貫禄

 眼を見ただけですべてを察する苗代はヒロインの鑑

 すべての負けヒロインは道を譲れ ぐらいの勢い

 試合には行かない系ヒロインって珍しいと思いますゥゥゥ

 病院に試合トランクスのまんま来てるリクが地味にシコい
 

 tシャツ+試合トランクス+非試合会場って

 裸ワイシャツ的なエロさが有ると思うんだけど、おまえどう?

  
 真っ先に眼を見るあたりが苗代はやっぱヒロイン力つよい

 苗代ならリクをまかせられそう

 楓はリクの眼よりは拳に注目しそうだし

 だからって楓がヒロイン力弱いとは思わないけど・・・


 ただ、リクドウは”手”が重要なキーワードに成ってるから

 まだ楓の逆転勝利は有るよ

 覚悟しろよ(?)


@他の漫画 感想

 夜明け後の静  さち子×静なんて絶対に絶対に認めないからな!(茅静過激派)

 スナックバス江 タツ兄の心ってビー玉みたいに澄んでそう

 小説・原子心慕 失うまでが欲しいもの


2018年7月22日日曜日

西郷どん 第27回 感想

@政治化

 西郷の顔つきが政治家に成ってきた

 役者はすごいね

 
@長州力

 すげえ良かった

 長州力は声がやっぱ良い

 体付きや顔つきが古武士っぽくて良い

 どうせならパワーホール鳴らしてもいいのに

 あのどんちゃん騒ぎの時にアイカナが乱入すればもっと良かった

 
@池田屋

 別に期待してなかったけど(大嘘)

 あっさりやね


@新選組

 別に期待してなかったけど(大嘘)

 あっさりやね


@中村半次郎

 もうちょっと刺激的な再会でも良かったと思う

 BL的にも『ショタが立派な攻め様に!?』ってボーナス展開だったのに

 制作サイドはちゃんとBLやる気あるのか?(流れ弾)

 
@桂小五郎

 眼力あるう

 「君」呼びは強キャラ感あってすこ

 西南戦争ではコイツも西郷とは敵なんだよなぁあ

 
@主人公とは

 もう27回なんですけど西郷が大活躍!!みたいなのは無いよね

 スカッとする展開が無いっていうか

 日8時代劇の主人公に内面性は求めてないんだけどなー(無礼)

 苦悩する主人公と苦戦する主人公って全然違うと思います

 西郷は苦悩じゃなくて苦戦しすぎです

 叫んでしか無いじゃんあとはアイカナと乳繰り合うだけだし

  

 西郷の言う「民のために」ってのも後の展開を思うと笑っちゃうぜw

 「民のために」問題はいつか書きたいと思います

2018年7月19日木曜日

リクドウ 第200話 『勝利』 感想

@よかおめ

 200回おめでとうございます

 これからもフェティッシュなボクシング漫画を貫いてください

この構図最高です

 おねがいします

 本当におねがいします

 ありがとうございます


@リクとかいう天性の”攻め”

  前回の兵藤との試合は

 「立ってるコトしか出来ないくらい全部出せた」とつぶやくリク

 楓が聞いたら嬉ションしそう

 『嫉妬を覚えるほどに』リクを求めていた楓

 楓目線で描かれたリクがすげえ雄い

 

 たぶん全リクドウの中でも屈指の漢度

 文句なしの攻め顔

 からの――

 
@楓とかいう魔性の”受け”

   


 楓の渾身のメス顔で泣ける

 兵藤の敗因は満足したからじゃないかな

 楓とリクの殴り愛はこれで終わりそう

 寂しい

 楓の変態性は絶対に規制されてる!!もっと出せよ!!出し切れよお・・・

 これで終わりとか、ひでえよ

 
ここはリクに支えてほしかった

@今日の土井っちょ

 「うわあああリクー」って叫んでる土井っちょかわいい

 
@どうなるリクドウ

 椿との試合に向けて走り出すのか

 所沢さんを追い求めるのか

 苗代とほのぼの同棲コミックに成るのか

 雨宮×馬場ァの濃厚壮年BL路線も無いとは言い切れないよなぁ??


@他の漫画 感想

 夜明け後の静  中の人変わった??茅は相変わらずかわいい

 隣の悪女    『バトル展開?』とかいう糞アオリだいすき

 スナックバス江  喧嘩稼業感の有る回 『合谷』=万能≒『無極』説

2018年7月15日日曜日

西郷どん 第26回 感想

@4倍

 勝海舟きたあ

 エンケンの勝海舟とか俺得すぎる

 すき×すき

 慶喜との絡みも楽しみ


@畳回し

 『一蔵どんすげえ』と興奮する西郷を

 (お前の真似してるだけだよ)みたいな顔して見つめてる大久保せつねえええ

 この二人の関係は加島(西郷)とやっちゃん(大久保)みたいに成りつつあるね


@不安定な安定感

 松田翔太の慶喜ははまり役だと思う

 青年らしい不安定さがすげえハマってる


@似てきたな

 西郷は斉彬に似てきて久光は斉興に似てきた

 西郷は意図的なものだけど久光は意図してるんだろうか

 兄を真似してるつもりが父に似てきてるとしたら皮肉なものです


@今日の名言

 『幕府が守るものは幕府ではない』

 これは汎用性あるよ
 

@今日のアイカナ

 参与会議のときにしれっとアイカナが混じってたら面白かったのに

少女革命ウテナ 第14話 感想

@御影パイセン

 いい!かっこいい!!!

 これだよこれ!!冬芽より絶対こっちがいい!!

 姫宮似の男の子を無理やり『薔薇の花嫁』にしようとするやべーやつ

 根城が資料室なのも渋い


@サイコ回

 演出がキレッキレですここ

 花が置かれた机が並んでる場面は鳥肌たった・・・


@暁生さん

 姫宮一族はろくなやつがいないのか(呆れ)

 兄妹で致してるのか、そうですか

 アンシーの何がいいんだよ。さっぱりわからん


@ウテナのサイヤ人化

 最近のウテナは戦闘ばっかというか

 鈍感にもホドがあるだろ

 アンシーをもっと疑えよおお

 七実はやくきてくれー

2018年7月12日木曜日

リクドウ 第199話 『誇り』 感想

@ロギア系ボクサー

 リク、水になる

 パシャついてるリクがかっこいい!!

 黒い楓と最高に映えるしバエル

 飲め!!楓はリクを飲め!!!!
 
@楓ェ

 水化したリクに楓はどう立ち向かうんでしょうか

 リクを、の、飲むとか(池沼)

 柔軟性対決なら楓に分があると思ったのにね

 京介が憑依したリク親父を乗り越えた楓の対決になってきたね

 あれ?


@いいのか苗代

 試合よりリク母を取った苗代は勝ちヒロインになれるのだろうか

 このままリングでリクと楓が既成事実作りそうで心配

 でも今の楓は全然、リクへの愛を感じないからなー

 さびしいです


@他の漫画 感想

 花待ついばらめぐる春  だめそう

 隣の悪女  ギャグ路線に舵を切る

 夜明け後の静  ”夜明け前”のお姫様たちが、最高に泣ける 漫画力上がってる

2018年7月7日土曜日

西郷どん 第25回

@油断してると

 この回は久しぶりに面白かった

 やっぱりアイカナ出ないと面白いねって油断してたら出るし・・・

 もういいよ来週も出ろよ


@ベストを尽くす

 丸太で大砲作るのすこ

 ああいう労働シーンすこすこ

 
@お前じゃねえよ

 迎えに来るのが弟でがっかりしたのは俺だけじゃないはず

 一蔵が来いよ


@時代劇の意味

 薩英戦争よりも恋愛をとったNHKほんとひで

  

2018年7月6日金曜日

リクドウ 第198話 『境地』 感想

@エッッッッッッッ

 止血してるリクと楓がなんかエロい

 リクはなんか飢えてる感じで

 楓は満たされている表情なのがいいですね


@リクは止まらない模様

 ”ユラ”ってどういうこと??

 所沢さんの境地とは一体・・・

 なんか200話の区切りで終わりそうで心配

 
@楓不足

 楓の活躍が少ないよー

 ボコられるにしても、もっとフェティッシュにボコられて欲しいよ


@他の漫画 感想

 バトゥーキ  さっぱりわからん

 スナックバス江  ハズレ回

 夜明け後の静  雪姉さんだいすき 酔いどれ静回はもっとやれ

2018年7月4日水曜日

青のフラッグ 第32話 感想  ちょっとがっかり

@ぶれやがって・・・

 マミはトーマの彼女に成れないから(ここ重要)トーマの親友になろうと思った模様

 あれ??あれ???

 てっきりマミは最初からトーマと友達に成りたいんだと思ってたんだけど

 そこは違うのか(困惑)

 太一と友だちになりたかったのも

 太一がトーマと”親友”のように見えたからっぽい

 うーん・・・ブレたなw

 なんか、普通じゃん

 マミ、トーマに未練ありまくりじゃん・・・

 『彼女が無理なら友達にして、あわよくば親友にして(=友達序列一位にして)』

 ダメだろ、この姿勢は・・・

 なんか、ダメだろ

 トーマに彼女できたら親友になるのも諦めるとか言ってるけど

 今のマミだと無理そう

 だってこれ性愛抜きの独占欲でしょ?一番質悪いだろ


@その術は俺に効く

 このマミのメッセージが こうかばつぐん だったのが真澄ちゃん

 彼女に成れないから(ここ重要)親友になろうと思った
 
 これはまさしく真澄ちゃんの本心

 双葉の彼女に成れないから、双葉の親友になろう

 自分が嫌っていた相手が自分と同じ悩みを抱えていたことを知り

 頭を抱える真澄ちゃん


 百合的には 

 マミ×真澄でケンカップル百合もありだと思うんですが

 どうよ
 

@説明過多

 この回はメッセージ性が前のめりすぎてちょっと評価割れそう

 俺は嫌いです。

 マミも真澄も余計なこと喋りすぎ、仲良しかよ

 前振り回に堕している



2018年6月28日木曜日

リクドウ 第197話 『邪魔』 感想

@重い

 リクの左目の傷は所沢さんとオソロなんだね

 重いわ・・・

 リクの愛重いわ


@トラウマじゃんけん

 なんかお互いの過去のぶつけ合いみたいな闘い好きじゃないよ

 酷い目に有ったほうが勝つ展開はスッキリしない

 だって不幸自慢じゃん


@逆転(大嘘)

 こっからリクの大逆転が始まるとは思えない・・・

 『気持ちで勝つ』展開はほんと止めて欲しい

 楓もなんか変態性が失せてる!つまんねえ!!

 でも次回で”クライマックス”とか煽るし

 なんか消化不良やぞ


@他の漫画 感想

 キングダム  壁が来ないほうが良かったという風潮

 ファイヤークラッカー  面白かった。投げやりな百合要素はひで

 バスルームのぺぺン  『となりのヤングジャンプ』に島流し!!とても哀しい



2018年6月26日火曜日

ヤリチン☆ビッチ部の主題歌『Touch you』がクソだせえけど 俺、頑張るから

遠野ver

@なんか不安に成ってきたあ

 2.5次元的な盛り上がり方は好きじゃないから

 なんか不安に成ってきたあ

 ヤリチン☆ビッチ部のアニメ化が見たいんであって

 メディアミックス(死後)のお布施がしたいわけじゃないんだよ


@まあええわ

 キャラデザは全体的に幼くなってる気がする

 これはこれでええです

 7/10はエスケープジャーニー3巻(完)も出るし

 またなんか動画出そう

2018年6月24日日曜日

西郷どん 第24回  感想

@キスしとけみたいな風潮

 友を信じる美しさ→わかる

 藩命に準じる潔さ→わかる

 爺にキスされる尊さ→わからない

 
@BLとは

 制作陣があれをBLと思ってるなら猛省すべき

 爺にキスさせたのが問題では無い

 脈絡もなくキスさせたのが問題

 『ただの救命行動だ!いい加減にしろ!!』っていうなら

 口元なんか映すなよ!!

 なんかもうコントにしか見えないよ


@絶好調アイカナ

 最終回まで毎回出演して俺をゲッソリさせてほしい

 身重で船乗るとかもうどうしようねえわ

 
@友情とは

 ”友達”が出世したら嫉妬むき出しにする男の人って・・・

 郷中組の友情描写が嘘くせえのは

 アイツらの友情ベースってどこまでいっても

 『昔、一緒に遊んだから』止まりだから

 現在進行系の繋がりは公私共に希薄なのに

 困ったときだけ昔の繋がりにすがるとか一番うざそう

 
@意味は有った

 斉彬の標準語は伏線だったんやな

 でも久光のこと馬鹿に描きすぎじゃない?

 制作陣はアイカナのことで頭いっぱいなのかな


2018年6月23日土曜日

リクドウ 第196話 『決定打』 感想

@どんどん来るぞ

 雨宮社長も試合会場に来た!

 残業を仕上げてから応援に行く経営者の鑑

 なんか本当に終わりそうなんですがそれは・・・


@フラグ立てるな。立てるな(血涙)

 楓もオヤジのアッパー発動するしいい

 やめろお最終回みたいじゃん!!

 楓のほうが腹筋は厚みがある(下心)

 これは伏線になると思うよ


@楓は楓だから

 使った技は親父だけど、使った人は楓だから

 親父が狂わせたアッパーでリクを狂わせる、のかな

 兵藤(父)だったらリクに負けてたことを示唆する演出もかっこいい

 そんで楓は今、親父を超えた


@まだ大丈夫

 所沢さんはまだ来てないから安心!!

 これで所沢さんも来たらいよいよ終わりそう

 やだ!!楓の試合がもっとみたい!!


@他の漫画 感想

 不思議の国波平さん  小塚とあの娘の恋愛要素は何だったのか

 スナックバス江    わかるわかる

 夜明け後の静     シスターエマまあまあすき

2018年6月17日日曜日

西郷どん 第23回 感想

@いちぞう重いんだよ

 死ぬなって言ったり刺し違えようとしたり

 大久保は重いんだよ!

 西郷のことになると馬鹿になる大久保いいよね

 死ぬな と 心中のお誘い は矛盾してるようで一緒

 つまり「西郷の生殺与奪は俺が握る」ということ

 俺の許可なしに勝手に死ぬなということ

 殺す時は俺が殺すということ

 後の西南戦争である


@うなぎ取り(意味深)

 二人の男が刀(意味深)を握りしめた後は

 男たちがうなぎ(意味深)を取り合う場面に

 ちょっと露骨すぎんよー

 『いつまでも少年の心を忘れない男の人って素敵』みたいなこと???

 ええE??


@誰も待ってないアイツらが帰ってくる
 
 まーた島に流されるのか(呆れ)

 そんでアイカナがまた登場するみたいだよ(白目)


少女革命ウテナ 第13話 感想

@総集編

 一気見するとこういう回が一番つらい


@何だァてめぇ・・・

 長々と回想を仕切ってる謎の男

 次回予告の感じだと、この謎の男はアンシーのお兄さん???

 やっぱりアンシーは悪いやつだ(1ビット脳)


@わからないのがたのしい

 ウテナがしてきた決闘は全ては仕組まれていた決闘だった

 そしてその目的は王子様の開放?覚醒??

 なんか最遊記のナタクみたいだなって思った

 わかんねえけど、たのしい(キャッチコピー)

『淀川ベルトコンベアガール』 感想

(著) 村上かつら
全3巻


@欲しいもの

 家庭の事情で進学せずに食品工場で働く16歳の少女、藤川かよ。

 彼女には一つの願い事があった。

 それは同い年の「ともだち」を作ること・・・


@かよ×那子

 かよが務める食品工場は油揚げを作っている。

 働いてるのはほとんどがオバちゃん。10代はかよ独り。

 みんなは優しくしてれるが、やっぱり、かよは寂しい・・・

 そんな食品工場に那子という美少女がパートとしてやってきて・・・

 経験不足ゆえの”純粋”な、かよ と 

 世渡り上手のつもりな世渡り下手の那子 の 友情を愛でる漫画

 じんわりと仲良くなっていくのが良い


@意外とエリカ×那子も良ひ

 クラスの支配者として君臨するエリカと那子の絡みも良い

 最初はエリカと那子は『友達』だったんだけど

 色々ありまして、那子はグループから離脱

 そっからエリカの那子いじめが始まるんだけど

 エリカの那子への思いが愛憎入り混じってて良い
 
 これはこれで百合として楽しめると思います


@閉塞感という言葉に甘えていた時代へ

 バッドエンドならリアルみたいな時代が有った

 リアルという言葉が褒め言葉だった時代だった

 『リアルがバッドエンド』に成ることで、その時代は終わった

 作者の後書きも、中々考えさせられるものなので読んでいただきたいです。

 百合好きなら本当におすすめ(この漫画はハッピーエンドやぞ)

2018年6月14日木曜日

リクドウ 第195話 『シンプル』 感想

@そっちかあ

 楓の気持ちがわからない
 
 そんなに父親に認められたいものなかな?

 どうでもよくね?


@この楓がメスい

 ショタ楓かわいい!

 グローブくわえてるのくっそかわいい


@やっと

 やっと、やっと楓が笑ったよ!

 楓はこの試合が終わったら引退しそうですね

 不穏


@他の漫画 感想

 夜明け後の静  室長のキャラ変、お前らええんか・・・

 超銀河系外道少女レオナ  面白かった。

 ふしぎの国の波平さん  戦犯ヒーローショー 




2018年6月10日日曜日

西郷どん 第22回 感想

@解き放つ

 『悪い支配者を倒せば世界はよくなる』

 この物語は諸刃の剣

 倒幕への情熱はそのまんま藩政への非難に変わる

 久光が煽れば煽るほど倒幕への情熱は久光自身への非難に転じる恐れがある

 『悪い支配者を倒せば世界はよくなる』

 この物語は人から歯止めを抜き去る


@大物島流しr

 西郷はなんで大物扱いされてるの?

 昔、京でブイブイ言わしたから??いうほど言わしたか?


@島での経験

 今回の有馬への説得で、何か島での経験が生きていればよかったのに

 なんもねえのな

 ラブコメクソ野郎め


@VS久光

 久光も小物だけど西郷も小物に見える

 なんか西郷が久光に甘えてるように見える

 なんでやろ

リクドウ 第194話 『笑える人』 感想

@すき

 笑ってるリクがシコい・・・

 流血笑顔いいよね・・・流行らせコラ


@やっぱりすき

 変わったリクに不満げな楓

 前はボクシングに初心だったのに今は楽しんでボクシングをする(隠語)リク

 それが不満げな楓

 恋着と破壊欲動はズッ友だからなー

 好きなのにいじめたいって気持ちは不可分

 なのに、じゃなくて、だから。いじめたい

 いじめたい気持ちを抑えれば、好きという気持ちも減っていく

 そんなもんだよな(フロイトおじさん)


@勃起野郎

 リクが笑顔で殴れるのは神代の影響もあるんでしょうか

 そうだとしたら楓はほんと切ねえよなあ


@この楓がメスい

 ファントムパンチに驚く楓が最高にメスい!!
 
 楓は受け!!これだけははっきりと真実を伝えたかった


@他の漫画 感想

 夜明け後の静 人を導くということ、サムライということ

 アリスと不思議な国のうさぎ  気持ち悪いけど面白かった

 バスルームのぺぺん  こっちにも百合展開きたあああああ

2018年6月9日土曜日

ヤリチン☆ビッチ部 #16 感想

@お家芸

 鹿谷先輩の悲しい過去が明らかに!!って話ですけど

 またこのタイプの話かよって萎えますた

 『ノンケ友との苦い思い出』は、おげれつたなか先生は好きみたいだけど

 「ネオンサイン・アンバー」や「エスケープジャーニー」の仁科でもやってるし

 読み秋田

 
@松村の理由

 松村と、しょうちゃんの顔が似てる気がする、眉毛とか目とか

 これは意図的なものだと思う

 鹿谷がいくら殴られても松村と関係を持つのは

 松村にしょうちゃんを重ねてるから???

 しょうちゃんの、しょうは松のしょうですかね


@熱い流れ弾

 鹿谷先輩かわいそうって意見が多数派ですし

 そういう意図の話ですけど(まずBLだし)

 『青のフラッグ』マミショックの後では

 しょうちゃんのほうがかわいそうに思える

 だって、親友だと思ったら襲われたんやぞ

 回想のかぎりでは、その後も友人関係は維持してるし

 しょうちゃんは神


@機能としての先輩

 鹿谷先輩の悲しい過去をなぜこのタイミングでぶっこんだのかと理由を考える

 これは後のタムセンとやっちゃんの初体験への伏線では??

 つまりタムセンがやっちゃんを襲うが、やっちゃんにドン引きされ

 その傷を鹿谷先輩が癒やすとか助言するとか諭すとか

 そういう展開になりそう 



2018年6月6日水曜日

青のフラッグ 31話 感想  すごい展開やで

@アクロバット

 この漫画は 

 同性間の恋愛を描きつつ

 異性間の友情を描こうとしてるのか・・・

 すごい(驚嘆)


@八木原について

 八木原はトーマと友達に成りたかっただけなのか(涙)

 そんで今は一ノ瀬と友達になろうとしてるのか・・・

 せつねえ

 友達に成りたいのに”女”としてしか見られない切なさ

 友情がほしいのに恋愛しかくれない寂しさ

 『なんで女として見んのよ』が最高に刺さる

 この漫画しゅごいの


@正しいセカイ系(そんなものは無い)

 世界に君と僕の二人しかいなければ何の問題もない

 問題は”周り”が作る

 クラスに一ノ瀬と八木原しかいなければ何の問題もない

 でも現実には”女子たち”が居て健介が居て空勢が居てトーマが居る

 問題はこの”周り”が作る

 八木原は友情のつもりでも周りはそうは思わない


 取って付けたようなスクールカーストものよりも 

 5億倍も深くクラス内政治の滑稽さを青のフラッグは描いている

 31話で恋愛漫画のステージを飛び越えた

 まじですげえ


2018年6月3日日曜日

西郷どん 第21回 感想

@愛かな?

 ドラマ的にはアイカナを『可愛そうなヒロイン』として描いたつもりなんだろうけど

 なんかね・・・

 百歩譲って可愛そうとは思うけど

 可愛げはねえわ

 赤ん坊という既成事実のゴリ押し

 現状維持の強要

 逆ギレぎみの贈る言葉

 うーん、これは負けヒロインw

 一蔵の潔さを見習え


@愛じゃ無い、かな

 一蔵が来たときに向けた目が完全に敵を見る目だったアイカナ

 菊池に後ろから抱きしめられた時は笑顔だったアイカナ

 菊池の開口一番『身体は大丈夫か?』を聞いて目が死ぬアイカナ

 何より身体の心配をした菊池に失望したアイカナ

 そういう演出なら見事だと思いました


@島編の何が糞だったのか

 南国要素がダメだったわけじゃなくて

 島まで行ったのに今までの放送回と同じ展開をやりやがったから糞

 虐げられる弱者西郷登場西郷、惚れられる西郷、フってどっか行く

 もう見飽きたわ!!!!

 他のことやれ!!

 ギャルゲーのドラマ化が見たいんじゃないの!!

 歴史ドラマが見たいの!!!

 金色のコルダじゃなくて維新の嵐が見たいの!!!

  

2018年6月2日土曜日

リクドウ 第193話『指示』 感想

@許されざる者

 リクの左手はガーベラ戦のおかげでもうボロボロ

 拳ごっつんこがいけなかったんや!!

 出番がないのに主人公に迷惑をかけるガーベラほんとひで


@引退エンド

 リクの左手はどこまで持つのだろう

 椿戦もあるし所沢さんともヤるだろうし

 楓とはコレで最後っぽくなってきましたねえ

 悲C


@おこだ

 笑わない楓もかっこいいけど

 やっぱり笑いながら殴って殴られてほしい

 こんな楓見たくねえよ!!

 愛し合えよ!

 目線を合わさずに殴る『キミを倒すよ』のコマはほんと良いです


@他の漫画感想

 ふしぎの国の波平さん  終わりそう

 キングダム       ガクエイとはなんだったのか

 夜明け後の静     なんか泣ける良い回 

2018年5月27日日曜日

西郷どん 第20回 感想

@どんな手を使ってでも

 吉之助を薩摩に戻す

 そのためならダチすら売る

 吉之助が薩摩が必要

 日本には薩摩が必要という大義すら”言い訳”に見えるぐらい

 正助の吉之助ラブが全開で草

 西郷どんは加速度的に本質的にBLになって来てる…来てない?


@ます

 満寿の『吉之助さに成りたいの?』と『今のままの正助さで良い』ってのは

 言葉通りの意味とは思えない

 正助の吉之助への思いは半分ラブしとっとだから

 「あなたのその感情は恋愛じゃなくて尊敬ですよ」と誘導してるようにしか思えない

 嫁に向かってカレピが居てくれたら…と宣う正助もどうかと思うが


@桜田門外の変!!

 あっさりしてんなオイ!!

 井伊直弼は最後まで平常心
 

@吉之助さん

 島パートほんと糞

 正助渾身のラブレターも心魂に響かず

 すっかり牙抜けててすげえ

 西田敏行の語りも相まって人生の楽園感ぱねえ


@修羅場

 現地妻まで作った吉之助の元についに彼氏がやってくる!!
 
 大久保!漢を見せろ!!

リクドウ 第192話 『違和感』 感想

@今週の土井っちょ

 土井さんは楓のことを兵藤君って呼ぶんだね

 かわいい

 土井さんの助言は尽く跳ね返す馬場ァほんと嫌い


@カットバックやめえや

 試合と母親瀕死パート行ったり来たりほんとやめてほしい

 萎える

 苗代も試合会場に居たほうが絶対に良かったよ


@拳への負担

 リクの左は『強ェ』故に左拳への負担が大きい

 左拳こわれる

 リクは無意識に左を手加減してたってこと?

 だから楓は笑えなかったと


 ボクシング漫画は拳に不安ニキが多いけど

 リクドウでは止めてほしかったなーましてリクでは

 楓の欲求不満が止まらない


@夜明け後の静

 百合回

 茅×静最高

 泣きながらハンバーグこねる茅くっそかういい

 キャロライン先生が出てから漫画が弾けだした気がする
 
 乳揉んで仲直りとはロックだぜ

 泣きながら揉んでるのも萌える


@他の漫画 感想

 キングダム 実は亜光死んでたら嬉しい

 テラフォーマーズ たまにはスッキリする展開をくれよ

 隣の悪女  なんでもありな感じが好みが分かれそう